FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。ほぼ、毎日更新です。

借金放棄、相続人有利に 本人認知から3カ月可能、最高裁

親戚の多額の借金を知らない間に相続した(ことになっていた)ことにたいする裁判の結果が出ました。
一般的には当たり前の判断ですが今までは違ったのが恐ろしいところ。
日本の法律運用は債権者の権利を守ることに偏っていましたから民法改正に準じた判例になると思います。
知らない間に借金に感染するというのはほとんど「呪いのビデオ」と同じだと思います。
ここで呪いの相続が終わったわけではなく範囲内の他の相続人に承継されます。
しかしながら今回の判例により知ってから放棄すればよいので深刻ではありません。
相続になった際に資産と負債がどれだけあるのか判らないことは普通にあります。
叔父さんの子供たちが相続放棄をした為に兄弟である父親に相続権が来たわけですが父親が理解していたかどうかもわかりません。
新聞によると債権者は相続発生から3年寝かしてから請求していますから法律をうまく駆使しています。
日本の法律は現在の社会の実情に乖離していると思います。
 伯父が残した債務を、相続放棄しないまま父親が死亡し、その債務を引き継ぐ形になった子どもはいつまでに相続放棄すれば返済を免れるのか。疎遠な親族の借金を知らないうちに背負ってトラブルになりがちな事例が争われた訴訟の上告審判決で最高裁第2小法廷は9日、「子ども自身が債務の相続人になったと知ってから3カ月の間に放棄すればよい」との初判断を示した。相続放棄は無効と主張した債権者の上告を棄却した。裁判官4人全員一致の結論。
 今回のように親が熟慮期間中に相続放棄せずに死亡、子どもが相続を引き継ぐケースは「再転相続」と呼ばれ、訴訟では熟慮期間の起算点が争点になっていた。
(共同)
スポンサーサイト



契約書

吉本興業がタレントとの間に契約書を取り交わしていなかったということが露見されました。
契約書というのは「民法その他関係法規および商慣習にしたがうこと」と「契約自由の原則」と「優越的地位の乱用の禁止」をお互いに納得した上で文書に残すということです。
基本的にはもめ事があった場合にそのように処理をするということでレールから離れなければ必要にならないのですが例外が発生した場合に契約書がないと力関係で解決されてしまいます。
契約書がないというのは「芸能界の独自のルールで対応」し「問題が発生した場合は力関係で解決」と「文書にこのこすと問題がある」ということなのです。
立場の弱いタレントを契約書を取り交わさないで拘束するというのは労働基準監督署が調査したら相当の是正勧告が求められます。
人事も総務も顧問弁護士も顧問社労士もいないのではないかと思います。
雇用保険も社保も入れていないのではないかと思います。
多分タレントさんは吉本から「業務委託」されていて従業員ではないとしか考えられませんし6000人からのタレントに対し契約の管理をしていなかったわけですから闇営業も表営業もそもそもに会社側が避難するのがどうかしています。
「吉本のAというタレント」ということでなく単純に「Aというタレント」が営業していたなら何の問題もないのです。
スポーツ選手がチームユニホームを着ないでCMでたら所属チームに上納金を払うようなものです。
吉本の看板を使っていなければ関係ないのですが競業禁止の取り決めがあったのは想像に難くありません。
社長の「テープ回してないやろな」とか「連帯責任で全員クビ」とか裏社会の主従関係そのものですしコンプライアンスといいう言葉を無視した闇のような会社ではないかと思われます。

教育で人は変わるか?

毎月オーナー訪問をしていまして教養に関心のある方がいらしゃいまして良く問いかけをしてきます。
「教育で人は変わるか?」
という命題を出されまして「教育で人は変わるか?」ということと「教育だけで人は変わるか?」ということが考えられます。
教育で人を変えるというのは「教育を受け入れられる人間関係が構築されているか?」がまずあると思います。
幼児がお母さんの言うことをきくのは「自分の生命線でありすべてを受け入れる存在」だからだと思います。
しかしながら「教育」といっても教え「育てる」ということが重要でどれだけ真摯に向き合い労を惜しまないで行うかだと思います。
お金持ちの家庭でも個人に対する時間や労力(愛情)のコストをかけなければ正しく育つとも限りません。
一方で貧しい家庭でも自分を育てることに対して真摯に向き合っていることがわかれば逆境を糧にして立派な人物になる場合もあります。
勉強ができない子は忍耐をもって本人が努力を諦めないように熱量を以て対応をしないといけません。
それは教育を受け入れる人間関係を構築できていないことから発展して自己疎外の状態になっているためです。
即席で一方的で簡単な人間関係を構築というとカリスマや肩書で心服させることにより構築します。
そもそも勉強するとかしないとかいうレベルでなくて信じられる頼れる者がない状態なのです。
一方で難関進学校に通うような子は目標を持って努力をすることに関し習慣化されているので言わなくても自分で考えて勉強するのです。
しかしながらそうした子供も挫折して自分を見失うこともあるので放任しても良いということでないのです。
私としてそのオーナーさんとの会話を考慮した結論なのです。

スーパー銭湯にみる不動産経営

なめかわ温泉かわらの湯が閉まって半年が過ぎました。
一年は再開しないと思っていましたので驚くこともありません。
別の施設は6年近く閉めていましたので同様に長期閉店の可能性は高いと思います。
閉まる前は洗い場の水栓が壊れたままでしたのですぐに復旧しないのはなんとなく判っていました。

私がたまに行く近場のところも水栓を直していません。
しかもトイレも使えなくなっていまして終末観が出ています。
ある程度年数が経つと設備が故障するのは致し方ないのですが
サービスを提供して料金をいただいているので修理しないでいると続ける気があるのか疑われます。
新築ボーナスというのはアパートに限らず建物(施設、設備)においてとても強力なのですがそれがずっと続くわけではなく
失速したときのテコ入れを考えておかねばなりません。

アパートにおいては間取りや設備というものは固定しており大規模な変更はできません。
それこそ壁や床を壊してやり替えるくらいしないとリニューアルできません。
温泉施設の場合ですと広さと拡張性というのが問題になります。
施設や敷地が狭いと新しい設備の導入が出来ません。
アパートでも15㎡の1Rは付加価値を加えられないのは拡張性がないからです。
風呂とトイレが一緒の物件を分離させるために部屋が狭くなってしまうのは本末転倒です。
日本の建物はほとんど20~30年程度で商品価値を失います。
20~30年程度で生活スタイルが変化する為であり流行はあってもそこに文化とかしっかりとしたビジョンなどがないためだと思います。
これから20~30年後の日本の街並みだとか家の間取りなどは流行によって今あるものと別のものになっている可能性が高く
流行おくれの建物は商品価値を大幅に落としてしまうことになります。
住宅において新「製品」というのは本来はナンセンスであり製品であるならばかならず陳腐化していくと同時に街並みが消費されていくことになります。
使い込んでいくと味が出てくる革製品ではなくプラスチックの消耗品と同じなのです。
新しいものに新陳代謝して経年劣化で価値を失うのは戦後日本の特徴なのではないかと思います。

10 20 30 70 80 90

TBSラジオを聴いています。
過払い請求で有名な「10!20!30!」が同じ女性の声で「今度は70!80!90!」とアナウンスしていました。
今まで多大な広告費を払って認知度を高めていたのにそれを捨てるのはおかしいと思いまして調べてみたら納得しました。
要は過払い金請求の法律行為の中で脱法行為またはコンプライアンスに逸脱が見られて業務停止や懲戒処分に該当するような事態を回避するために名義を変えたわけです。
難関試験を合格した法律家であれば清く正しいことを期待することは当然ですが残念ながらそのすべてがそうではありません。
過払い金請求というのはとても簡単な業務で儲かるのでCMをやっているところが多いのです。
不動産業界も敷金の返還請求が次の矛先になるのではないかと言われていた時期があります。
しかしながら現在は敷金も5~10万円程度ですし場合によっては敷金0の物件も多数あります。
法律家に頼んでも逆に敷金を依頼費用が超過してしまいます。
次のターゲットは薬害肝炎や交通事故や遺産の取り分などになっているようです。

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム