FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。ほぼ、毎日更新です。

前々から気になっていたのですが

10年くらい前から気になっていたのですが
行田から熊谷に向かう裏街道に秘密結社的なマークのビルがあります。
調べてみたら電線の架線をする会社だそうです。
小川温泉かわらの湯に行く途中でも支社がありました。
IMG_5799.jpg
スポンサーサイト

市長選と県議会議員選挙があります。

4月に行田市では市長選挙と県議会議員選挙があります。
選挙があるというのはとても良いことです。
無投票ですと信任も不信任もないので何をやっても検証されません。
また、長期多選というのも良い面もあれば悪い面もあります。
我々は選択肢を得たということで候補者は精一杯戦っていただきたいと思いますし
我々も盛り上げていかねばならないと思います。

花湯スパリゾートの料金があがります。

12月から花湯スパリゾートの料金があがります。
毎週どこかの温泉施設に行っている私にとっては多少影響はあります。
980円から1250円に300円弱あがりますが正直いいましてお客さんはそんなに減らないと思います。
減るのは10%強くらいでしょうから値上げをするのは売上的にとても良いのです。
その分他の施設に流れてくれればお互いWIN-WINになります。
他の施設と比べて全ての面で充実しているので毎日行くわけではありませんからよりサービスの良いところにいくのが当然です。
花湯も飲食とか他のところでお客さんがお金を落としてくれれば値上げをする必要はないのですがそもそも平日でも入場制限するくらいなのでお客さんとしても快適にすごせますしお店もオペレーションが減りますのでお互いWIN-WINになります。
この施設に限らずなのですが客単価を上げるというのはどのビジネスでも大事なことです。
どれだけ付帯商品を売れるかが客単価を上げるのには重要なポイントになります。
ゴルフ場では食事をしてもらって色々なものを買ってもらうようになっています。
花湯も付帯商品がさほど売れていないようですので飲食をしてくれたりマッサージとかお土産とかそこでお金を落としてもらう工夫が必要です。
極端な話60分の10000円のマッサージを受けてくれるなら入場料はタダでもいいのですし次回の入場券を付けてもいいのです。
一方で花湯から流れてくるお客さんを取り込むことも他の施設は考えないといけないと思います。
行田の温泉施設などは食事時でないタイミングでは飲食の販売をしていなかったりします。
売れていないから営業時間を減らす。営業していないし繁盛していないから買わないという負のスパイラルでしてV字回復は困難です。
食事つきセット販売にしたり回数券を購入してもらって将来の来店を確定させるなどありますが現在どこもやっているので売り上げの特効薬ではなくなってきています。
温泉施設ではWIFIはどこも使えるようになっていますし漫画を置いてあったりします。
長居をしてもらうことによって駐車場が埋まっているので人気があるなと思わせるのです。
現在パチンコ屋なども同じように長居してもらって集客しています。
稼働率を上げるためにどうするかというのはどの業種でも大事なことです。
我々不動産賃貸においては古い物件ができることというと限られていますができる限り多くの事をやって稼働率を上げないといけません。

古代蓮物語

普段はあまり行かないのですが午前中に予定が入っていたりして夕方時間が少ない場合には良く行きます。
ここの良い処は平日500円で安いのと混んでいないところです。
残念なのはローリューがないのと炭酸泉がないのと漫画が少ないことです。
定番のドラゴンボールとワンピースとキングダムがおいてあるのですが
個人的に言いますとゴルゴと横山光輝の歴史ものを置いてほしいところ。
解決できる問題は漫画を多く置くことぐらいだと思います。
夕方の岩盤浴は大体貸し切りですし食堂がほぼ開店休業状態ですし午後10時には閉まってしまうので儲かっていないんだろうなと思います。
熊谷の花湯は新しくてフリードリンクでマッサージチェアも使えて漫画も多く施設も新しいしローリューもあるし980円ですがコスパは高いですから時間があるときは花湯に行きます。
私は良く牛丼に例えていうのですが400円の牛丼が200円になったからって一度に2杯は食べないのでダンピングは無意味だと思います。
それよりは600円で国産牛とか1200円で神戸牛の牛丼つくった方がいいと思います。
払える人は付加価値や満足感を得ようとしますのでスーパー銭湯も一度に1か所しか行けなければ金額が多少違っても満足感のあるほうに行きます。
文化財でもない商業用で建てられた不動産の建物は新しいものが古いものに優越します。
特に狭い建物は拡張性がないため時代の変化に対応が出来なかったりします。
2000年から始まって多分20年間の定借だと思いますので3年後にどうなるか判りません。
北本の楽市楽湯もなんだかんだで存続していますから経営譲渡されるのでも生き残る方法はあると思います。
第一駐車場だけで車が入り切っていますから楽市楽湯よりすいているんですよ。
そんな風に思っていたら北本の方は20年の定借が切れて閉店のご案内が出ていました。
HANA HOTELになるそうです。
ああ、やっぱりと思いますが楽市楽湯は鴻巣あたりで柔術やっていたときに結構行ってたので残念です。

さきたま古墳群のさくら

土日の昼間は混んでました。
天気が良くて桜が見れて酒盛りができるところといえばここと水城公園ですね。
さきたま古墳群 さくら 2018
さきたま古墳群 さくら 2018
さきたま古墳群 さくら 2018
さきたま古墳群 さくら 2018
さきたま古墳群 さくら 2018

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム