FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

生産性向上

日本人は歪な労働環境にあります。
拘束時間が長く仕事が属人的です。
週40時間拘束することになっているため40時間いることが従業員として義務であり必要だと考えられています。
しかし、人間の集中力はそれほど持続しません。
超がつくほどの頭脳労働の将棋棋士でも毎日対局はしませんし相当の時間は気分転換をしています。
AIとくらべて人間は疲れる、判断に私情を挟む、思考時間(深度)が有限である、体調や様々な要因に左右されます。
人間がコンピュータと戦うと勝てなくなっていますが生産性が全く別次元なのです。
将棋棋士もAIを駆使して学習するようになっています。
その先にあるものを有限な思考力と時間では到達できなかった領域にAIで到達しています。
40時間の仕事とは何か?1週間にしなくてはならない仕事は何か?しなくてはいけないことは何か?自分でしかできないことは何か?
必要以上に丁寧に冗長に確認して忙しく動き回っていることが仕事をしていることと錯覚するような文化が日本を停滞させているのです。
スマイル0円ならばATMのアイコンのようにコンピュータが行うべきです。
400円の牛丼に水やお茶をだしているようでは勤めている人の給料は上がりません。
400円の牛丼であれば瀬戸物のどんぶりに塗り箸を出す必要はありません。
大体、そのどんぶりを前に使った人や一緒に洗ったどんぶりや洗浄槽や食洗器にコロナがついているかもしれません。
もし汚染された際のオペレーションは完璧になっているのでしょうか?
400円の牛丼でコロナの感染源だとして店もお客もリスクとリターンが釣り合いません。
400円の牛丼ならテイクアウト専用にして店内飲食はさせないようにしなければいけません。
また、コロナ対策はコストに上乗せするべきで500円や600円にしても良いのです。
しかし、需要不足と熾烈な競争によりデフレと過剰サービスに向かわざるを得なかったのです。
コロナは労働生産性の悪さを容赦なく改善させることになります。
コロナを理由に不合理から解放され生産性を向上するチャンスかもしれません。
スポンサーサイト



嫉妬と尊敬

嫉妬するというのは自分と同じような手に届くレベルの人間が先にいることで相手を負かしてやろうという感情です。
プラスに働けば努力の原動力になります。マイナスに働くと足を引っ張るという負の感情の原動力になります。
「尊敬」になると相手のほうが手に届かない上のレベルで感心する感情だと思います。
若いと嫉妬する感情というものが湧いてきますが私もいい年なのでそういう感情が湧かなくなってきています。
届かないことを受け入れてしまっているので枯れてきたといいますかそれはそれで寂しいものです。
絵が上手い、映画監督だったり、音楽ができたりある程度習熟する必要がありますが年齢がその能力を構成する決定的な要件ではありません。
オーソン・ウェルズが「市民ケーン」を撮ったのが25才ですしアルチュール・ランボーは10代後半で地獄の季節を詠んだのです。
「人間は誰でも一つ物語を語る語ることができる、自分の人生という物語を」と言ったのは劇画原作者の故真樹日佐夫です。
複数の物語を紡ぐのは「才」が必要で作品として強度をもたせるにはその作家の世界への深い洞察力が必要です。
お昼に喫茶店で週刊文春と週刊現代を読むのですが1ページ1500字もないような書評がありまして随分文章が上手いなと感心しました。
私がここ数年、読んだ中でも屈指の読み応えのある文章で数十年後もその人の作品が残るであろうことは間違いないと思いました。
地面に落ちた雪がすっと浸みこむような判り易い文章でかつ論理的展開力も素晴らしく書評が一つの作品になっているのです。
文章が上手いのは感性と知識があり思考を整理構成して表現できる能力と教養の高さと洞察の深さを尊敬します。
同じ書評をすると文章によって人間の質を問われてしまう気もします。
26歳の女性の去年の書評でですが小説の新作が出たので思い出しました。
残念ながら47歳ですがあと26年かけても同じレベルの文章が書けるとは思いません。
週間文春 書評 妻の終活」で検索してみてください。

古代蓮物語 久しぶりに行ってきました。

ひさしぶりに行きました。
水曜日5時頃で20人くらいの客入りでした。
男女合わせて40人くらいです。
従業員は5人くらいでしたが飲食ブースとマッサージの受付はお客さんが来ないのでじっとしている様子。
でも、コロナで飲食する人は少ないですしマッサージ受ける人は花湯行きますよね。
岩盤浴が31日まで閉鎖(理由は判らず)でした。
水風呂の温度計が壊れたままになっているのが心配になります。
午後5時から7時までいましたが㏠およそ100人位だと思います。
700円×100.人+付帯商品でいうと㏠の売り上げが10万円を切ります。
人件費、燃料費、維持費を考えると心配になります。
平日ですから少なかったのかもしれませんが3倍くらい売り上げが欲しいところです。
平日700円ですが考えようです。
店内のテーブルは空いているけれど飲食する人は皆無です。
図書館代わりにするなら最適です。
朝から夜まで700円で滞在できます。

荒川サイクリングロード シーズン13

一人桜を見る会です。
例年と比べると人が少ないようでした。
年に一回しか乗らないロード、今年も桜詣でができました。
中のチューブがだめになっていることが結構あるので新しい予備チューブを買っておきます。
向かい風が強くきつかったです。
12年前は秋ヶ瀬公園まで行って帰ってこれたのに、その当時より定期的に有酸素も筋トレもしているのに、年齢を感じます。
充電バッテリーが損耗しているような感じです。
あと何回できるでしょうか。
農家が田植えをするのと同じ考えなのです。
損得ではないし今までやっていたことを続けたいのです。
60年70年もやってきた稲作は人生そのものなのです。
いつかは終わりが来るけれどその時まで、
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020
田口不動産 荒川サイクリング 2020

コロナとサウナ

火曜日水曜日はスーパー銭湯(サウナ)に行っていました。
火曜日は蔵の湯ではサウナと岩盤浴のロウリュウが人数制限になっていました。
勿論コロナ対策です。
人数制限をしていましたがいつもの2/3くらいしか入っていませんでした。
気にしている人は多いようです。
食事をしている人がいつもより少なかったのが印象に残りました。
水曜日は何時も混んでいる花湯スパリゾートでしたがいつもは入り口に近い駐車場は空いていることがありませんでしたが結構空きがあります。
温活スペースではマスクをしている女性がいました。
ここもいつもの2/3くらいの混みようです。
多分飲食は少ないはずです。
飲食店や居酒屋、水商売などはもっとお客さんが減っています。
コロナの発生源になったという場所やかかりやすい場所は行くのを相当自粛しているようです。
そうした場所にわざわざ行って感染したら糾弾されそうな雰囲気です。
問題は自粛要請が終わった後もその生活に慣れてしまって景気が上向かないことです。
不要不急のことはしなくても生活に支障がないし景気も悪いし給料は上がらないし会社がつぶれるかもしれないし何が起こるか判らないからお金を使わないようにしようというマインドになるかもしれません。
私などカツカツだった時代の生活に慣れてしまいサウナ帰りにスーパーでチューハイと豆腐を買って幸せですから消費行動に向きませんが全く苦になりません。
しかし、そうした人間ばかりになると出口のない不況のスパイラルに落ち込むことになります。
早目に自粛を解除しないと倒産する会社がドミノ倒しのように増えていくでしょうが経済のために拙速に解除してパンデミックになっても元も子もないですから判断が難しいと思います。
やはり初動で春節のインバウンドに目が眩んで入国制限しなかったのが失敗でしたが次の対策に生かしてほしいものです。

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム