FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。ほぼ、毎日更新です。

330メートル

東京・港区の虎ノ門・麻布台エリアに森ビルによって「日本一の超高層ビル」が誕生するそうです。
地上64階建て高さはおよそ330メートル総事業費5,800億円とのこと。
330mといいますと東京タワーの高さとほぼ同じです。
仮に50mX50mのフロアですと2500×64=160,000㎡、仮に70mX70mのフロアですと4900×64=313,600㎡
1つの都市が中に入ります。
wikipediaによりますと世界一高いブルジュ・ハリファは全長828メートルフロア部分の高さで636.0 m だそうです。
このレベルになると駅までの移動時間よりビルから出るまでの移動時間のほうが長くなったりします。
ブルジュ・ハリファは空室が多く採算が取れているか不明ですがバブルのころの日本と同じなのでしょう。
企業として5800億円の物件を失敗するとかなり致命的なダメージになります。
森ビルは国内の一等地に多くのビルを所有していますからロケーションやコンセプトを厳選しており入居率は高いはずです。
常々思っているのですが超高層ビルやタワーマンションは修繕が困難なつくりをしており都庁は建てて30年近くになりますが15年目には雨漏りで修繕費の試算が1000億円と出ていたのを記憶しています。
バブルの当時に都庁の建築費が1500億円ですが新しい虎ノ門ヒルズは5800億円だそうです。
仮に30年というスパンで計算したとしても世の中がどうなっているのか誰もわからず、設計から解体まで誰かが責任をとることは困難です。
都庁にしろコンペをした選考者はとっくに退職して設計した丹下健三氏は亡くなっており建築会社に建築のずさんさを追求することもできません。
デザインの奇抜さや施工のしやすさや価格の安さを優先するのではなく耐久性やメンテナンスを含めて建築計画をするべきだと思います。
お金持ちの家でも最近のものはデザイン優先で建物内に吹き抜けや開放階段でつながっていたり滝や噴水があるもの、またはバルコニーがプールになっていたり前面ガラス張りで目の前に池があるものなどは暖房光熱費が莫大にかかったり湿気がすごかったりするものもあります。
せっかく造っても所有者が変われば維持管理ができなくなり解体されてしまう事があります。
昔の領主は何百年も維持するためにそうしたことを考え抜いて城を築いていたのはさすがだと思います。
スポンサーサイト



空家の管理について

空家の最大の劣化原因は住んでいないので不具合の発見が遅れることと空気の入替がないために夏場の湿気と高温によってカビや歪みが発生することです。
5年も放っておくと壁紙も剥れて劣化が進んでしまいます。
最近の建物であれば大丈夫ですが30年ほど前の建物ですとシロアリの食害が心配されリフォーム費用が多額になる場合には解体をお勧めする場合があります。
空家管理の安いプランですと外観の目視での室内の確認はしませんので発見できません。
本来的には不動産業者ではなく親戚にお願いして2ヶ月に1日くらい風を通して頂くのが良いと思います。
頼める人がいないとなると業者に任せることになります。
業者は第三者であり責任も生じますので相応の費用を払うことになります。
あまり頻繁に通風を出来ない場合はドアを開放して台所やトイレなどの換気扇を回しておくことをお勧めします。
窓際においておくソーラー式のサーキュレーターなども良いと思います。
水道のゴムパッキンなどは定期的に通水しないと漏水しますがパッキン交換自体は大したことはないですし設備や給湯設備は長く使用していないと故障してしまう事もあります。
排水の封水トラップの水が抜けると虫が湧いてくるので台所や洗面所や浴室は養生テープで、トイレはラップで封をしてしまうのも良いでしょう。
除草と木の剪定も必要ですが除草は年2~3回必要になりますので生えないうちに除草剤をまいておくことをお勧めします。

全国空き家管理ナビ

当社では日本最大級の空家管理の企業団体の全国空き家管理ナビに加盟しています。
2018年現在においても全体の13.6%が空家であり1つの街区に1件の空家がある状態です。
空家は適正に管理されていないと草木が生い茂り害虫や鳥獣が住み近隣に迷惑をかけることになります。
空き家対策特別措置法が制定されており甚だしい朽廃状態の放置においては罰則もあります。
対応としては以下の通りです。
それぞれ長所短所がありますがどうするかはその方の状況や物件の立地や建物のコンディションによります。
とりあえず地元の不動産屋さんに相談するのがお勧めです。
何日か前に書きましたが相談の際には場所や広さや建物の築年数、建築会社、リフォーム履歴など判断材料を多く提供してください。
相談したからと言って依頼しなければならないわけではありません。
相談することによって考えが整理され悩みが軽減される可能性があります。
田口不動産 空家管理 行田 吹上 賃貸 売買

全国空き家管理ナビ

家賃と生活費

家賃が高いために生活が困窮するというケースはないというのが持論です。
家賃が払えないのは自分の収入の家賃に占める割合が高いという分相応でない物件を借りたからです。
住宅ローンが高いというのと一緒です。
就職して間もないのに都心の家賃12万円の新築マンションを借りたりしたらそうなります。
初任給20万円で家賃12万円の物件に住みたいから家賃を安くしろとか家賃補助をするとか言語道断です。
家賃というのは需要と供給のバランスから決まっています。
行田市で3万円くらいの物件を借りれば生活が困窮することはないのです。
勿論、通勤時間や自由時間や生活の質とのトレードオフですし高円寺でも3万円で借りられる風呂無しトイレ共同物件もあります。
問題は病気や失職離婚などで収入が極端に減ってしまったケースです。
そうならないようにセーフティーネットとして貯金や医療保険に入るべきなのですが入っていなかったから困窮することになったわけです。
より家賃の安いところに移動するにも相当のお金がかかります。
引っ越し代、初期費用、住まいが変わったことによる様々な費用(子供が学校が変わって制服や教科書なども買い直し)もかかります。
そのための救済措置としての補助は必要だと思います。
しかしながら病気や失職などはいつその境遇から脱出できるかは判りません。
シリコンバレーなど家族4人で住む普通の住宅の家賃が40万円ほどするそうです。
GAFAに努めているエンジニアなら年収1000万円は超えていますから払えるのですが失職したらすぐに家賃が払えなくなってしまいます。
昔は親族が救済した部分もありますが現在においては親族もその余裕がないため、これからは住替えが簡単にできる社会の仕組みが必要になると思います。

レオパレス、57億円の赤字

業績が悪くなるたびに界壁が薄くなるという都市伝説がありましたが10年前のリーマンショックの時に名古屋の派遣切りで空室率が80%になったことがありこのままどうにかなってしまうと思われましたがいつの間にか復活していて不思議で仕方なかったのですが今回の騒動は規模が大きくV字回復になる要因はありません。
これだけ大きい会社ですと売り上げもそれなりにありますし経営者の個人の資産が投下されていませんので破綻するまで存続はします。
しかしながら旧経営陣の指示により手抜きをしたわけですから退職しても不法行為責任は追及されるべきです。
壁が薄いのはQOL(生活の質)の問題ですが屋根裏の界壁がないのと断熱材に可燃材を使うのは螺旋階段の建物の延焼のように一気に建物全体に広がりますから建物全体の住民の命の危険にもつながります。
コンプライアンスに厳しい現在において消防法に違反しているレオパレスを社宅にすることはプラスに働くことはないのです。
危険な賃貸住宅だと判っていて住まわせて火災にまきこまれたとなると社宅にした責任も追及されかねません。
レオパレス21が9日発表した2019年4~6月期連結決算は、純損益が57億円の赤字だった。アパートの施工不良問題への対応で特別損失45億円を計上したことが響いた。前年同期は9億円の赤字。
 売上高は12・3%減の1133億円。本業のもうけを示す営業損益が42億円の赤字(前年同期は41億円の黒字)となった。
 レオパレスでは住戸を仕切る壁が天井裏に設置されていないなどの施工不良が発覚。7月末時点で2万2千棟超に不備が見つかっているが、改修済みの物件は一部にとどまっている。
レオパレス、57億円の赤字

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム