行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。ほぼ、毎日更新です。

大阪市 遺体発見 ヤミ民泊

民泊というのは得体の知れない相手に貸すわけですからこういうことも十分ありえます。
面談したこともない入居者はそもそも入居審査なんてありませんし別の人が入っても判りません。
犯罪者引き渡し協定の無い国の民泊者の場合には国に帰ってしまっている可能性もあります。
私見ではよほど隣接住民のセキュリティや貸す側のコンプライアンスや借りる側の不法行為に対する法的な対応などしっかりしないとこれからもこうした問題は増えていくでしょう。
この案件は一棟家主のようですが、もしこれが分譲マンションで無断で民泊としていた場合には管理組合や他の区分所有者から損害賠償請求をされかねません。
座間の事件もそうですが近隣住民も禁忌と呪われた地域の場所に永く住むことになりますから安易な金儲けに巻き込まれた被害者なのです。
特に事件事故があった場所というのは不動産価格が放射能汚染のように長い年月劣化しますから安易に民泊などをするべきではないと思っています。
ニュースサイトより> 兵庫県三田市の女性会社員(27)が行方不明になり、大阪市東成区の民泊の部屋に監禁されたとされる事件の捜査で、大阪市内の別の宿泊施設にあったスーツケースから人の頭部が発見された。
スポンサーサイト

吹上団地 共有地 一覧

吹上団地の共有地は以下の通り。
この部分の登記だけで10万円近くかかったと思います。
権利がない場合には売買不成立になる可能性があります。
共有者がこれだけいるというのは現実問題として処分不可能だということで
特に公園を何故市に移管しなかったのか住宅供給公社の未来に対する見識が問われます。
物件の表示
No 所在                地番 地目 地積(㎡) 持分
1 鴻巣市吹上富士見3丁目 750番4 宅地 282.22 1/375
2 鴻巣市吹上富士見4丁目 783番42 宅地 228.86 1/1035
3 鴻巣市吹上富士見4丁目 777番22 宅地 100.32 1/1035
4 鴻巣市吹上富士見4丁目 772番4 宅地 67.24 1/1035
5 鴻巣市吹上富士見4丁目 772番3 宅地 62.64 1/1035
6 鴻巣市吹上富士見3丁目 750番9 宅地 488.05 1/1035
7 鴻巣市吹上富士見3丁目 724番63 宅地 582.37 1/1035
8 鴻巣市吹上富士見3丁目 698番39 宅地 96.6 1/1035
9 鴻巣市吹上富士見3丁目 698番38 宅地 170.5 1/1035
10 鴻巣市吹上富士見3丁目 698番37 宅地 2039.9 1/1035
11 鴻巣市吹上富士見2丁目 607番28 宅地 812.55 1/1035
12 鴻巣市吹上富士見1丁目 583番67 宅地 112.47 1/1035
13 鴻巣市吹上富士見1丁目 583番66 宅地 108.67 1/1035
14 鴻巣市吹上富士見1丁目 583番62 宅地 478.97 1/1035
15 鴻巣市吹上富士見1丁目 577番32 宅地 125.31 1/1035
16 鴻巣市吹上富士見1丁目 577番27 宅地 425.85 1/1035

No 所在                地番 構造 面積(㎡) 持分
1 鴻巣市吹上富士見二丁目 750番9 鉄筋コンクリート平屋 305.12 1/1035

都心の新築マンションの間取り

eraの研修に行った時に近隣にあった現在建築中のマンション。
大陸移動説のように台所が南下しております。
50年後にはベルコニーの外にあるかもしれません。
現在空調設備が進化しているので北側でないと食べ物が腐るとかありませんので家の中の日陰者から主役になりました。
昔の分譲マンションには床の間がありましたが、とうとう和室がなくなりました。
プライベート感のあるインナーバルコニーになりました。
内装は判りませんが5000万円からおそらく高い(色々な意味で)部屋は億ションでしょうからキャッチーだと思います。
田口不動産 行田 吹上 
田口不動産 行田 吹上 
田口不動産 行田 吹上 

ポセイドンアドベンチャー

先日ロンドンのタワーマンションで火災が発生して映画さながらの凄惨な状況になっていました。
高層空中ですと逃げ場がありませんのでヘリコプターやクレーン車も現実問題としていくことができません。
映画タワーリングインフェルノでは確か屋上の高架水槽を破壊してなんとか鎮火しましたが一方で水の中というのも大変です。
ポセイドンアドベンチャーもパニック映画として対をなす有名な作品ですが転覆した客船の浸水した水の中に閉じ込められるというこれはこれで怖い映画です。
不動産においてポセイドンアドベンチャー的な事態というのは大雨の時に発生します。
洪水や大時化だったり場合によっては地上から地下に冠水することもあります。
以前預かっていた半地下駐車場付きのマンションがまさにそれで室内も半地下にありました。
ポンプによる排水機能があるのですが水が流れてくるところに水を戻すという災害対応ではなく後始末のための機能にしかなっていません。
結局、災害時の対処方法がないのでオーナーにお返ししましたが今度売却になるそうです。
勿論、その問題が解決していなければ新しい所有者から依頼されても受けることはできないので他の業者さんでお願いいただく事になります。

これからの革新的なツール

不動産業界においていろいろなツールが利用されるようになりました。
スマートホンもそうです。
ここ10年でもっとも革新的なツールだと思います。
これからですとドローンがそれに該当すると思われます。
以前はヘリコプターや高所作業車を手配したりゴンドラを降ろしたりとなにかと大掛かりだった屋根や外壁の調査のハードルを目覚ましく下げました。
HDや4K画像撮影でも5万円以下のドローンで可能となりました。
落下事故も起こる可能性はありますがほとんどが500g以下でせいぜい1kg未満のため大きな事故になる可能性は低いと思われます。
風が強いときや雨が降っているときは多少難しいケースもあるでしょうが他の手段でも同様です。
またいつでも安価なドローンをもっていくことができますので業者に依頼したり日程調整も必要ありません。
これから橋梁の調査などで力を発揮するのではないかと思います。

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム