FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

行田市 令和2年4月1日から、水道料金を改定させていただきます

日本は諸島部を除き水が豊富ですので行田市の水が足りなくなったわけではありません。
水そのものはタダ同然です。
料金が上がるのは水道管の老朽化に伴う刷新費用が水道代に上乗せされるためです。
私が再三にわたって言っているのがライフラインの老朽化です。
橋や水路、道路、水道、下水道などが更新時期に来ています。
議員は成果の判る教育的文化的な箱物を造りたがりますが本当に必要なのはライフラインです。
電気水道排水と道路は絶対に必要なものであり電力会社が電気を供給を義務付けられていますし半分国営のようなものですからなくなることはありません。
しかし水道と排水と道路は刷新するのに莫大な費用が掛かります。
10年ちょっと前に道路に水道を50ミリ管を40m敷設するのに200万円かかりました。
新設がそれだけかかりますが布設替えではバイパスを造って各戸に繋ぎ直してから敷設するのでさらに多くの費用が掛かります。
おそらく2倍から3倍くらいかかるとおもいます。
忍信用金庫の移設に一億円以上の無駄遣いをする余裕があるなら必要なところに使うべきなのです。
気の遠くなるような時間と費用が掛かり実際は全ての水道敷設のやりなおしは不可能なため具体的に計画されず先送りになります。
受験勉強しなくちゃいけないのに逃避してマンガ読んだりプラモデルを作り始めるようなものです。
合理化という名のもとに民営化がされるかもしれませんがライフラインを民営化すると利益追求のためサービスが悪くなり料金が上がるばかりで良い話は聞きません。
将来的にライフラインの新設をしたコンパクトシティに移住してライフラインの老朽化と同時に新しいところに移動するようになるかもしれません。
あるいは自前で井戸をついて、排水は浄化槽で道路はアフガニスタンのような穴ぼこだらけの砂利道になり四駆のSUVに乗るようになるかもしれません。

令和2年4月1日から、水道料金を改定させていただきます
スポンサーサイト



桜が咲きました!

吹上某所で
多分2月下旬で一週間前には開花していたようです。
「戦争しよってもセミは鳴く。ちょうちょも飛ぶ。」
ではありませんが
「コロナで自粛しよっても桜は咲く。」
ですね。
田口不動産 行田 吹上 2020 桜開花
田口不動産 行田 吹上 2020 桜開花
田口不動産 行田 吹上 2020 桜開花

ロピア

吹上のアピタの跡地がロピアが来るそうです。
TBSラジオのスーパー総選挙で4位になりました。
生鮮食品(精肉)が強いそうです。
しかしながらロピアだけではあの建物を持て余すと思いますので何が複合で入るのでしょうか?
ロピアの他店舗から遠いので足掛かりにしたいのかなと思います。
物流が遠いのは不利ですが評判のいいスーパーが来るのは地元住民にとっては朗報ですね。
ロピアの歌ってさよなら人類の「たま」に声が似ていますよね。
29年前の歌なので若い人は知りませんよね。

ドン・キホーテ行田持田インター店が2月下旬ニューオープン!

ドン・キホーテ行田持田インター店が2020年の2月下旬にGOLF5行田持田インター店跡地にやってきます。
ドン・キホーテ北鴻巣の店は鴻巣で柔術やっていた帰りによく行きました。
スウェットやジャージを着たキティちゃんサンダルのカップルが多かった気がします。
基本的に安いですが本搾りとかベイシアのほうが安いものもあります。
精肉なんかも9時ころ行くと半額になっているのがいっぱいありました。
よく判らないブラントの物や商品リニューアルのために大幅値引き品などは結構お得でした。
他では見ないエナジードリンクなども売っています。
ベルクに囲まれたスーパー激戦区ですのでどうなるのでしょうか?
GOLF5行田持田インター店では高額なクラブセットを買わずダース1800円くらいのボールとティーと福袋しか買わなかったので閉店したのは私にも原因があります。

鴻巣・行田・北本の広域ごみ処理施設計画が白紙に

鴻巣と北本は桶川も含めた埼玉県央広域事務組合で選挙区も同じ。
行田は加須熊谷と選挙区が同じですし将来市町村合併になった際にどうなるかは誰でもわかります。
この住民投票の話があった後にゴミ処理施設の件は白紙になりました。
安養寺は鴻巣市長の地元で1反50万円程度の調整区域の農地が500~600万円で収用されるという噂です。
収用される予定の土地の所有者も偏っているとの噂でした。
また土地も低く軟弱地盤ですのでなんでここに建てるのか政治的(利権?)の匂いがしていたところです。
なぜ鴻巣と一緒にやるのか不思議で仕方なかったのですが考え直すことになり良かったと思います。
行田市民は鴻巣と合併するということは考えていないので将来、行田市が熊谷市と合併した場合にはゴミ処理施設を利用しなくなった際に投下資金をどうするつもりだったのか気になります。
一方で、決まったことを壊して代案がなく元の案に戻して時間とコストが跳ね上がるいというのは都知事の豊洲問題など
で見られます。
利権と関係のない石井市長の将来に向けてのビジョンが問われると思います。
「行田で建設賛否、住民投票を」 鴻巣、行田、北本の新ごみ処理施設
 鴻巣、行田、北本の3市で進めている新ごみ処理施設の鴻巣市内での建設計画に関し、行田市民3人が10日、より安価な試算がある同市内での建設の賛否を問う住民投票の実施へ向けた手続きに入った。新施設は現在、鴻巣市内での建設を念頭に3市で構成する「環境資源組合」で協議が進められているが、行田市民の動きがこの流れに待ったをかける可能性がある。 (渡部穣)
 手続きに入ったのは、元行田市議の田口英樹(えいき)さん(75)ら。この日、署名を集めるための証明書の交付を市に申請した。交付後、一カ月以内に有権者の五十分の一(約千四百人)以上の署名を集めれば、住民投票に向けた条例案を市議会に提案できる。
 熊谷市役所で会見した田口さんは「現計画ではコストがかかり過ぎる。住民投票で、市民の関心を呼び起こしたい」と説明。必要な署名数は集まる見通しだという。行田市によると、その場合は来年三月の市議会定例会に条例案が提案される見込みで、可決されれば住民投票が実施される。
 三市の新ごみ処理施設を巡っては、環境資源組合が二〇一五年二月から鴻巣市に候補地を絞って協議してきた。しかし、今年四月の行田市長選で、建設地見直しを公約に掲げた石井直彦市長が初当選したことで、急ブレーキがかかった。
 組合は十一月、組合議会に現計画の概算事業費が六百三億~六百十一億円と公表。建設費と運営費が当初の四百十八億円から五百六十五億円に増え、さらに周辺整備などに三十八億円以上かかると明らかにした。
 石井市長は行田市に建設した場合、約六十五億円安いとする試算を参考資料として組合議会に提出。これを受け、同じく四月に初当選した三宮(さんぐう)幸雄・北本市長も「すぐにゴーサインが出せる状況ではない」として現計画に難色を示した。組合管理者の原口和久・鴻巣市長は「これまでの話し合いで基本合意したこと」と計画推進を訴えるが、大幅なコスト削減策などがなければ、三市の合意は難しそうな状況になっている。

「行田で建設賛否、住民投票を」 鴻巣、行田、北本の新ごみ処理施設

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム