FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

不動産の厄移し

売れない不動産というのがこれから増えてくるのですがそこで厄移しのようなことがビジネスになるでしょう。
相続しても困る売るに売れない物件に対しお金を払ってでも引き取ってもらうようなことが出てくるのです。
過疎地の農家の相続案件などは現実にそうした状態になっています。
不動産は持っているだけで固定資産税と管理維持費用がかかります。
土地を持っていても管理していないと草木が生えて粗大ゴミを捨てられ産廃やら災厄を呼ぶ呪われた場所になります。
地域で地域を保全することを昔はしていましたが自治体と自治会がそれぞれ依存してやっています。
分譲マンションを買っても理事長や会計など役割がありますのでコミュニティーと隔絶することはありません。
しかしながら賃貸であれば地域に対する責任はほぼありませんし新しく区画整理など都市開発された場所ですとそうした役をやりたがらないことが多いのです。
自主管理のマンションなどは外壁塗装をしなくてはならないのに理事長が決議を取り纏めて業者を選定し発注し監督監査するということになると良くやって当たり前で問題が出たら責めを負いますから何も動かないに越したことはないということになります。
築25年ほど経過しているのでに修繕積立金が新築時と変わらないという物件もあります。
税金と一緒で上げなくては将来なりたたないのですが上げることは反対ということですとにっちもさっちもいきません。
マンションは管理を買うと言いますが適正な管理がされていないと物件はどんどん荒廃し資産価値を失います。
さて、不動産の厄移しですが優良資産と不良資産を分けて優良資産を先に相続人に移して利用価値の無い不動産だけにして相続放棄するケースと優良資産はそのままにして不良資産の不動産だけ第三者に譲渡するケースが考えられます。
不動産の物納に対し国が引き取らない(まったく他の資産が無ければ物納になります)が売れないのも国は判っていますから極力避けていくでしょう。
しかしながら引き取り手の無い不動産に対する対策が無ければいくばくかの報酬を得て不動産の所有を災厄のように引き受けるケースが出てきます。
浮浪者がいくばくかの費用を受け取ったらいつの間にか破産する会社の社長になっていていたなどという小説のようなことが現実に起こっています。
結局その不動産も税金が払われず競売になり買取人不在で国の管理になるでしょう。
スポンサーサイト



FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム