FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。ほぼ、毎日更新です。

スルガ銀行とアパート販売業者とアパートオーナーと

一般的にアパート販売会社に騙されてアパートを買わされて銀行がグルになって借金を背負ったという認識かと思います。
動産関連業というのは騙す気になれば消費者との情報格差が圧倒的ですのでカジノのディーラーのようにやることもできないとは言い切れません。
スマートデイズも平成24年8月2日に開業して5年少々で倒産していますがはじめから計画倒産をするつもりであったのではと疑われています。
長年やっている業者は信用を失うようなことは避けるため免許番号の更新回数が少ない(特に未更新)の業者を気を付けるように言われます。
勿論ほとんどの新しい不動産会社はきちんとしているので一部の心無い業者により業界に泥が塗られることになります。
質の悪さからいうとデート商法 マンション販売 のほうが悪質で同情できます。
不デート商法では結婚を餌にされ不当に高いマンションを買わせるという卑劣極まりない(私も独身なので)所業に義憤を感じます。
その案件ではマンションが欲しくてではなくて相手がマンションを買わないと結婚をしないという色恋詐欺でしかありません。
スマートデイズの件はかなり黒い案件ですが多かれ少なかれアパート投資では投資としてグレーな部分があり全く持って騙されたというより騙されに行った(自分に都合よく解釈した)部分があると思います。
レオパレスに限らず賃貸経営は市場性や商品の品質やビジネスモデルに対する投資なので元本を保証しないのは当たり前です。
銀行は地主のアパート建築の場合にはその物件による賃貸経営の将来性ではなく地主の資産全般に対して返済の目途を立てています。
そうし案件では相手の言うことを全く信用しても消費者の無過失責任とも違います。
そんなに良いビジネスモデルなら他人に売らないでスマートデイズが自分で銀行でお金を借りてやればいいのです。
さらに日本のローンというのは対象不動産を代物弁済して済むノンリコースローンではなく借主の人生と全財産(場合によっては家族や保証人の人生も!)を担保にしているのです。
もし本件がノンリコースローンであればスルガ銀行が単純に資産価値のない物件に過剰融資をしただけですが日本の銀行ローンはそうではありません。
結果として借主の人生を嵌めてしまっているのです。
不動産投資をする場合には自分の人生(場合によっては家族や保証人の人生も!)をかけてやることに対する不注意の責任が生じます。
500万円の年収で4%の金利で20000万(2億)円借りたら返済がどうなるかはハイレバレッジでFXをやるのと一緒なのです。
身の丈に合わないものはギャンブルにしろ投機にしろ破滅的な結末も想定しなくてはなりません。
500万円の年収なら2000万の物件を買って小さな失敗も含め学習してから徐々に大きくして増やしていくべきなのです。
スポンサーサイト

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム