FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。ほぼ、毎日更新です。

スルガ銀行 その後

「スルガ銀行の行員が1億6500万円不正流用、顧客定期解約で融資に」というニュースが先日飛び込んできました。
それって純粋に犯罪ですしそもそも銀行は不正防止の為に決済の行程をいくつか踏まないと処理できないことになっていますから40代の行員一人の犯行とは思えません。
かぼちゃの馬車とか注意してればそんな夢のような美味い話があるはずないことは判りますし未然に防げますがお金を預けた銀行が勝手に預金を降ろして使ってしまうというのは、本人の知らない(契約の意思のない)ところで勝手にかぼちゃの馬車の契約を結んでいたというレベルなので防ぎようがありません。
銀行としての体(てい)をなしていないということであり自助努力がどうのということで解決するのではなく公権力の支配下に置くべきだと思います。
暴力団との関係とかその後いろいろ出てきますが無理なノルマはコンプライアンスを乗り越えてしまうということで創業家社長が辞任する一番の責任はそこ(通常のやり方では出来ない事をノルマにしたこと)だと思います。
創業して間もない不動産会社で不正な取引をして潰して逃げてしまうことはありえますが地方銀行とはいえ歴史あるスルガ銀行がそんなことをするとは思わないわけです。
スルガ銀行を潰してしまえ!というのは簡単ですがそれに伴い何の非もない預金者や取引先にまで被害が及びますので銀行も含めて企業というのは社会の公器だということを認識しないといけません。
スポンサーサイト

インスタ映え

個人的にやっていないのでよく判りませんが「インスタってパンケーキとかナイトプールとかリア充アピールするFACEBOOKと同じようなSNSですよね。」という勝手な偏見があります。
当社もインスタはじめました。私的には社員さんには何でもやってみたらいいですよと話しています。
実際ツイッターやフェースブックも始めましたが結局休眠状態になっています。
地元の数十人がいいねを押し合うということに強制や義務を感じてしまいました。

そういえば陸王で有名なイケメン若手俳優がダンベルプレス40キロ上がったとインスタで言っていましたが
若い女の子は判らないかもしれませんが少しでもウェイトをやっているものからすると
体つきと手足の長さからいって無理なのですがなんではったりをかますのか判りません。
身長が高く手が長いと慣性モーメントにより身長の低いひとより同じ重さでも上がりにくいのです。
私はバーベルで90キロダンベルで25キロくらいですが彼もおそらく同じ程度の体つきです。
私より10cm背が高いですがその分手足が長いですので私より上がらないはずです。
ダンベルプレス40キロですとバーベルのベンチプレスで120キロあがるくらいですからインディーズ系のプロレスラー並みのガタイになるはずです。
ウェイトを上げるのは小さい方が有利でなべやかんさんなど150cm台なのに140キロくらいベンチプレスがあがります。体重も55キロくらいしかなかったはずです。
しかしながら185cmも身長があれば同じ重量でも上がらないわけです。
あらためてインスタグラムの宣伝です>>田口不動産株式会社 インスタグラム

行きはよいよい

分譲マンションを販売する時に間違いなく修繕積立金が低くなっています。
これは毎月の支払いを小さく見せるための小手先のテクニックなのです。
吹上のマンションでも修繕積立金が3000円位から始まって10年もすると12000円位になっています。
喫茶店でランチをしているときに週刊現代か文春の下の記事を参考にしてタワーマンションの問題点について書かれていました。
高崎線で荒川を渡るときに見える川口のマンションですが外壁修繕で12億円かかるとの事です。
もちろん650世帯ありますから一世帯当たり184万円かかっているのです。
正直言いまして一戸建ての外壁塗装の倍くらいしています。
建築会社がこれだけかかるということをきちんと説明していたかと言いますといささか怪しいと思います。
週刊誌の記事では都内ではさらに複雑な修繕困難な形状をしているタワーマンションもある旨が書かれています。
また、良くも悪くも多数決の合議制の為、利害が調整できず必要なことが決められない事態が発生してしまうとのことです。
行田のあたりでは考えにくいようなこともありますが「ありえる」話だと思いました。
中古のフェラーリなど維持費がかかるから手放すことがあってもフェラーリなので買う人がいますし、維持費をかからないように乗り回さないなどの手があります。
行田でも東京でも海外でもフェラーリなのですが行田のマンションは他に動かせません。
不動産というのは先の事を考えて買わないと大変ですが先の事を見通すのは難しいですね。
55階建てタワーマンションの大規模修繕工事が開始、その難しさとは

スルガ銀行 その後

先日の新聞でスター銀行から不正融資を引き出す(受ける)ということで不正融資を出すだけでなく不正融資の総本山のような状態です。
繰り返し言いますが融資を受けた人たちにではなく不要債権化の可能性の高い融資をしたことによる預金者と株主に対する背任です。
融資を受けて相場を知らべずリスクの高い投資商品を買って利回りが逆ザヤになっても基本的には自己責任です。
信用を第一とする金融機関の信用棄損は日大ブランド以上にスルガ銀行ブランドが地に堕ちたといえるでしょう。
当然、スルガ銀行に預金をしたり金融商品を購入したりする人は激減するでしょう。
お金を借りる人がいなくなるかと言えばサラ金(消費者金融)や闇金からお金を借りる人がいるようになくなることはありませんがかぼちゃの馬車のような不要債権化の可能性の高い融資をすることによりスルガ銀行自体の信用と資産の既存をするわけですから金融庁も預金者や株主も許すわけがありません。
融資をした金額に応じてボーナスにインセンティブがつくといえば聞こえがいいですが手段を択ばないコンプライアンス意識の欠如した行動を許していいことにはなりません。
行内の背任者への厳しい罰則と企業浄化をしなければ存亡すらままならない事態になります。

全ての火曜日水曜日は定休日になります。

本年までは2月3月は第3火曜日のみ定休日でしたが2019年からは2月3月も含め毎週火曜日水曜日が定休日になります。
昨今の働き方改革もありますが従業員の働きやすさを鑑みそのようにさせていただきます。
何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

一万円マンション

通販で100円パソコンとかありますが100円だったらいっそタダでもいいのですがタダにするわけにはいかない理由があります。
新潟の越後中里あたりから越後湯沢や苗場辺りにはバブルの前あたりからできたリゾートマンションが驚きの価格で販売しています。
ゴルフもそうですがスキーがウィンタースポーツとして大人気でスキー場直結のリゾートマンションならスキなだけスキーができるよねという発想で造られまして当時は数千万円で販売されていましたがゴルフ会員権同様に投機の対象にもなっていました。
現在10万円はあたりまえで1万円という物件もあります。
しかも買主負担のはずの所有権移転費用も売主負担ですから売れたら売主が持出しになります。
1万円なので100円でもいっそタダでもいいのですが不動産を受け取ったらお金を上げますとは言えませんので申し訳程度に1万円になっています。
ちなみに1万円の物件の売買仲介手数料は取引金額の5%+消費税ですから540円になりますのでお客さんが欲しいといってきても経費倒れなので売主方の業者に直接やってもらうようになります。
売主方の業者は540円の手数料報酬を貰うのではなく負(不)動産を手放すことに対するコンサルタント報酬を得る契約になっていると思います。
なぜお金を払ってでも手放したいかというと不動産は他の者に移転させないと自分のものでありつづけ管理費や税金など掛かってきます。また、将来値上がりするならともかく所有者不明が多数で管理費修繕積立金の滞納が進み文字通りゴーストマンションになります。
ここまでいくと自分に憑いた悪霊を他の者に肩代わりさせるようなものではないでしょうか?
これは以前に外国人に移転するという話を書きましたが移転させた本人は悪霊払いができますが日本の登記のしくみの欠陥として残された他の所有者に迷惑をかけることになります。
地縛霊とは良く言ったもので悪霊は地獄にも天国にもいかないでずっとそこによりタチの悪い状態で居続けるのです。
裁判所への申し立てにしても時間と費用がかかり幽霊所有者から更生させることは費用対効果が合わないのです。
外国人が日本の不動産を買いあさっていますが彼らは日本に居住する必要性がなくなれば売れない不動産を捨ててしまい誰も手を付けられない状態にする可能性もありえるのです。

双方向と一方通行

実業家と女優のSNSが炎上しているようですがネット経由の情報ですが別に大したことをしているわけではないと思いますが炎上しています。
これってこちらは向こうの事を知っているけれど、向こうはその他大勢のこちらのことは知らない(見ていない)という情報の非対称性に起因していると思います。
どこにいったか、何を食べたかまるでLINEのタイムラインのようにプライベートのことが乗っていて親近感がわいてくるのでしょう。
有名人がするちょっとしたことでものすごい数のレスポンスが発生します。
有名人がとりたてて悪いことをしているわけでもないのにちょっかいだすのは昔と違って仕組みとして双方向性があるので書き込む
ことによって相手(有名人)とつながっているという認識を得たいのだと思います。
差しさわりのないことを書いても届かないので過激な偏ったことを書いたりして有名人からレスポンスがあればエスカレートしていく。
悪名は無名に勝るので有名人は有名であり話題に上っていることが重要ですので炎上したとしてもさして問題にはなりません。
一方でその他大勢の一人として埋没して認識されないことより負の感情を持たれるほうが歌の歌詞ではないですか「忘れ去られるくらいならいっそ憎んでほしかった」という感情ではなかろうかと思います。
私はSNSはほとんどやらないのでどちらかというとまとめサイトの匿名の人たちの忌憚のない考察をみるほうが好きだったりします。
会社のツイッターとか個人のFACEBOOKもありますが全然更新していません。
好きな人は好きなのでしょうがやってみて知り合いの動向にいいねを押したりするのもレスポンスを返すのも面倒に感じています。

ちなみにこのブログは1日10人程度で社内が半分くらいですから発信力はあまりないのでよほど変なことを書いてもだれも話題にしないのですが会社案内というか「私」がどういう考え方をしているかを知るための情報源になっていると思っています。
表題からずれますが、私は分析したり考察するのが好きなのですが不動産の仕事は「問題が問題と認識されていないところから問題を発見して解決の行程を探る事」が面白いと思っています。
また、売主買主、貸主借主の間の情報整理もそうです。取引の為にクリアにしておくことミュートしておくこと様々な役割があります。
毎回新しい発見があって考古学者のような探偵のような面白さがあるなとも感じています。

一人でやっている街の不動産屋さんが対応がそっけない理由

飛び込みで小さな不動産屋さんに行くと対応がそっけないことってありますよね。
忙しくなさそうなのにそっけない。
そうした不動産屋さんは狩猟型なのです。
私の友人の不動産屋さんの多くが一人ないしは事務員さんと二人でやっているのですが大抵そいういタイプです。
店内に入ってきたこの人はどんな人なのか?何をしに来たのか?どれくらい本気なのかを瞬時に(自分の基準で)判断しています。
骨董屋の店主みたいなものです。
骨董屋なら冷やかしの客は店内自由に見させておきますが不動産屋は対面応対しますので放置するわけにはいきません。
そっけない時はビジネスにならないから早く帰って欲しいのです。
金額が安いからそっけないのかというとそうではなくゴールまで遠いというか具体性がないからやっても無駄だということなのです。
さすがに接客業というか仲介、斡旋業なので「帰ってください。」とは言わないですがウチにはないから他の不動産屋さんに行くように誘導されたりしたらそういうことです。
5千円の駐車場でも3万円のアパートでもすぐ決める人には動くのですが人生相談というかなんとなく生活の悩みを不動産探しに「ここでなないどこか」を見つけている人は対応しても見つかりません。
また、なんとなく店をやりたいとかお金があるから良い土地を探しているとかも具体性がないですし、質問して掘り下げていっても
本人がそもそも明確にしていないので掘り下げようがないのです。
勿論、決まらない(決められない)人たちを何人も対応した結果、今来店した人はそうしたタイプに分類されると経験と勘で判断しています。
そうすると心のスイッチを切って省エネモードになってしまいます。
メモも取らずに条件を聞いた後に「ウチにはないなあ」とか「その金額(条件)では見つからないよ」とすぐに結論を出しますが時間をかければかけるほどどんどんそっけなくなって最後は「アポイントがあるので出かけるから。」と言って切り上げます。
対応が不誠実だと怒ってもしょうがないので早目に退散したほうが良いと思います。
これって不動産屋さんが敷居が高いと言われる原因の一つではあります。

鴻巣市北新宿で土地をお探しの方

現在、複数の区画の受託が進行しています。
お探しでしたら是非ご連絡、ご来店ください。
また熊谷市久下および鴻巣市筑波の50坪以上の南道路の土地があります。
来年の3月までに建物の建築請負契約で消費税が8%になりますので今のうちに土地を決めておきましょう。
行田駅、吹上駅周辺の賃貸売買不動産は田口不動産にお任せください。

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム