FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

マイクロソフト、スマホ再参入へ 折り畳み式、グーグルOS搭載

最近は不動産と関係ないことを書くことが多い気がします。
デジカメを世界で初めに創ったのはコダックでしたが「フィルムが売れなくなるから」という理由でフィルム販売を続けていたら時代に取り残され倒産してしまい「コダック・モーメント」という単語ができました。
マイクロソフトもPCのOSと業務ソフトで圧倒的なシェアを握っていましたがタブレットやスマホの波には取り残されました。
PCが売れなくなるから造らないということはなくゲーム機を作ったり新規分野にはどん欲に手を広げています。
今から20年前に液晶タブレットPCを作っていたのはマイクロソフトでWACOMのドローイングソフトとペンを利用していました。
しかしながら意外と手元が見えなくて操作性が悪く流行りませんでした。
その後も何度もWindowsフォンなど創っているのですが流行らず撤退しています。
原因はいろいろありますが指タッチ操作でエクセルなどの作業しませんのでWindowsなんていらないという点もあったと思います。
デバイスに最適化した環境が付いていなかったことが原因でしょう。
マイクロソフトも別に凋落しているわけではなくOS以外のクラウドや別の業務も発展しています。
20年前に検索エンジンでしかなかったGOOGLEがGAFAと言われるようになってウィンテルと言われたマイクロソフトとインテルが相対的にネームバリューが下がってしまっています。
GOOGLEのOSをマイクロソフトが使う時代になるとは思いませんでした。
【ニューヨーク共同】米マイクロソフト(MS)は2日、折り畳み式で2画面のスマートフォン「サーフェスデュオ」とタブレット端末「サーフェスネオ」を2020年末に発売すると発表した。MSは17年にスマホから撤退しており、再参入となる。画面ごとにアプリを使える利点をアピールし、2画面携帯端末の市場を拡大したい考えだ。日本での発売は未定。
 「デュオ」は5.6インチの画面が二つ。折り畳んでポケットに入れられる。基本ソフト(OS)は米グーグルの「アンドロイド」を搭載。MS幹部は記者団に「多くのアプリを出しているグーグルと組んで、顧客のニーズに応えたい」と話した。
スポンサーサイト



FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム