FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

「脱ハンコ」へ政府が指針 テレワーク推進につながる?

まず役所が印鑑を廃止するべきです。
コロナ関連の補助金などの押印を廃止してください。
書面にあらかじめ訂正印を押すとかナンセンスです。
次に銀行です。
役所(主に農業委員会)が印影が掠れてるとかこの書類と印鑑が違うとか言いますし窓口に持参しないと進みませんので民間は不要なものはやりません。
トラブル(訴訟)になった時に印鑑があってもなくても同じにするという通達を出してください。
官民書類で撤廃することをしない限り印鑑文化は残ります。
電子的な本人確認方法の法整備はしないのでしょうか?
印鑑の廃止と同時に整備するべきです。
不動産の売買契約書で売主の本人確認のため実印を押印することがあります。
数が少ないので実害がなさそうですがこれも実印や印鑑証明は容易に偽造できるという問題があります。
戦国武将は花押(サイン)も併用していましたから500年前のほうが本人確認についてしっかりしていたのです。
政府は19日、押印についてのガイドライン(指針)をまとめた。契約書などにハンコを押す商習慣が在宅勤務(テレワーク)の障害になっているとして、他の手段で代替できることを示している。
 ハンコは本人が文書を作成したことを証明する手段として広く使われている。法令などで押印が義務づけられているのは、不動産の売買契約や会社の取締役会関連の書類など一部にとどまる。通常の契約書や社内文書などへの押印は慣行で続いているものだ。
 内閣府と法務省、経済産業省による指針はQ&A方式で、契約書に押印しなくても法律違反にはならないことを明記。押印が文書の証拠力を示す手段としては限界があることを解説している。「省略したり、他の手段で代替したりすることが有意義」と脱ハンコを促す。朝日新聞 2020/6/20
スポンサーサイト



FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム