FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

水道水中の放射性物質について

行田市・水道水中の放射性物質について
行田市の水道水は、行田市内の深井戸からくみ上げる井戸水と利根川を水源とする埼玉県行田浄水場から送水される県水をブレンドして送水しており、その割合は井戸水6割、県水4割となっております。
井戸水は、深層部に存在する地下水を安定して取水できる深井戸からくみ上げており、大気中の物質の影響を受けにくいとされておりますが、行田市では、安全を確認するため市内2カ所から採水した水道水の検査を定期的に行っておりますので、その結果をお知らせいたします。

県水(利根川)を使っている模様です。地下水だけではありませんね。
ちなみに利根川の水は美味しくないので地下水が利根川水系はお酒が美味しくないとのこと。
荒川は美味しいのですが秩父の方から石灰分も混じっているのでそのまま使うと薬缶や電気ポットの中に石灰分が付着します。
最近はあまり放射性物質のことを言わなくなりましたしミネラルウォーターの買占めもなくなりましたがやはり毎日使用する水ですから常に注意したいところです。
ちなみに埼玉県が津波の被害についての想定をしているそうですが隕石でも落ちてこない限りそんな大きいのは来ないですし埼玉に津波が来たら日本滅亡なので考えるだけムダだと思います。
低くて細い堤防を乗り越えて墨田区あたりに流れ込んで戸田あたりまで来る前にほとんど収まっています。
せいぜい海の魚が遡上してくる程度だと思います。
問題は首都壊滅の場合のライフラインの復旧および30km圏内の千葉や神奈川埼玉へ分散して第二ヘッドオフィスの設営だと思います。4年以内に70%の大地震の可能性があるので首都機能の冗長処理は必要だと思います。もっとも関東圏内の首長より橋下大阪市長が名乗りを上げるほうが早いと思いますが・・・
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム