FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

不動産と相続対策

不動産と相続対策はセミナーなどでちょくちょく取り上げられますが
不動産を購入することにより資産の評価額を圧縮できるという点があります。
10億円で買ったものが7億円の評価になるわけですから現金で持っているよりずっと良いのです。
一方で不動産を利用した資産活用と相続税対策にはアパート経営があります。
ここ20年で急激に増えました。
借家を建てることにより土地の評価を下げて建物が評価を圧縮させ税金を下げるのです。
前者と後者両方で問題があります。
確かに10億円で買ったものが7億円の評価になるのは良いのですが次に相続税を払う以上に損が出ないことが必要です。
10億円で買ったものが7億円で売却した場合には不動産取得税、固定資産税、登録免許税、印紙税、不動産会社への手数料などを考えると赤字になります。
後者は利回りの永続性です。
地主の不動産活用は土地代がタダなので建物だけの利回りは良かったりしますが土地代を含めて考えた時に非常に利回りが低くなっていることがあります。
また、空室、修繕、家賃の下落など様々な問題を克服しなくてはいけません。
「託してみますか~?」
と軽く考えてやると失敗します。
一言で言うと長期的に人気のあるエリアの不動産でなければ長期的に不動産を持つことはリスクを伴うということです。
価値1億円の土地でも300㎡の土地の場合と3000㎡の場合では税金対策としてほとんどの場合は前者の方が有利なのです。
でも東京駅の丸の内の土地は三菱地所が持っていて市場に出ることはまずありません。
そういう土地を手に入れるのは非常に難しいのです。
プロ中のプロは金卵を産むガチョウをローストダッグにしたりはしないのですね。
永続的に利益を生むなら売却して一瞬の利益を得るよりは末永く利益を得るのです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム