FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

水攻め

ゼリーフライ屋さんに聞いたら映画「のぼうの城」で年末観光客が来たそうです。
一月になったらパタリと来なくなったそうです。
新たなハコモノを造らなくて本当に良かったと思います。
さて、行田駅近くにバブルの頃造ったワンルームがありましてこの前の地震の影響もあるのでしょうが壁に亀裂が入って雨漏りしまして現在に至ります。
また、排水管の配管がずれて漏水しまして入居者が一階から二階の空き部屋に退避する案件もありまして床を剥がして改修をしました。
上からも下からも水攻めです。
メンテナンスのことを考えて作っていれば原因解明が判りやすく改修のしやすいのです。
建物には漏水は禁物なのですが築年数が経過すると所々でガタがきます。
ちなみにバブルの頃は土地が高く敷地目一杯に造っていることが多いですね。
また、多くに人たちが銀行に唆されたり不動産の買い替えの特例を使ってやっているので突貫工事で事業として全然練られていません。
敷地内目一杯に建てると隣地に足場を組まないと外壁の塗装も出来ません。
後先考えて建築してくれれば良いのですが建設屋さんは立てるのが仕事で大きく建ててくれれば大きいほぼ良いのです。
建物が大きければ収益性もあがります。
賃貸物件は造れば埋まるなんて誰も決めていません。勝手にそうだろうで建てると痛い目に遭います。
流石に最近は少なくなりましたが前時代的な不動産投資をする人もまだまだいます。
しかし、余地の無い建築物はメンテナンスコストも増大してしまいます。
コスト増大だけならまだいいのですが隣地の地主に嫌われると足場も組めなくなりますので人を吊り下げて作業するようになります。
塗装業者は足場が組めなければやりませんし水攻めは侵攻中になります。
建てた後のことを考えてほしいものです。
時間の張りを逆回転して解体まで逆算してみれば判ります。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム