FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

行田市の請求「違法」 銭湯の下水道料1億8000万円

行田市の閉店中のスーパー銭湯のあそこです。
個人的には好きな施設だったのですが閉鎖して3年半。
施設が狭いのと知り合いに出会う可能性が高いので寛ぎ辛いところはありました。
3年半動かしていないとなるとおそらく給水排水設備は全滅に近い状態だと思います。
問題はやっていなかった間(休業)の期間の利益の補償を行田市が求められる可能性があります。
再開してもそろばんが合わない場合はこのまま閉店という可能性もあります。
復活して欲しいなと思いますがどうなるのでしょう。
 判決は、市が使用料を自由に算定することは「許されない」と指摘。さらにスーパー銭湯の下水道使用料は市条例の「一般汚水」ではなく、より料金の安い「浴場汚水」で計算するべきだとした。

通常の考え方では判例のとおりだと思います。

行田市から請求された下水道使用料など約一億八千万円は計算方法が違法だとしてスーパー銭湯の運営会社二社が、市に使用料通知の取り消しを求めた訴訟の判決が二十五日、さいたま地裁であった。原啓一郎裁判長は市の使用料請求は「すべて違法」とし、通知を取り消す判決を言い渡した。

 二社の運営していたスーパー銭湯では二〇一一年、水量計測メーターを迂回(うかい)する不正配管が発覚。市は条例の基準を用いずに、配管の圧力などから本来の下水道使用料を独自に計算して二社に過去五年の未払い金と過料を請求。両社は全額支払った。

 判決は、市が使用料を自由に算定することは「許されない」と指摘。さらにスーパー銭湯の下水道使用料は市条例の「一般汚水」ではなく、より料金の安い「浴場汚水」で計算するべきだとした。

 市は公衆浴場法に基づかないスーパー銭湯の下水は「浴場汚水」に当たらないと主張したが、判決は「解釈の範囲を超えている」と退けた。

 判決を受けて工藤正司市長は「市の主張が認められず遺憾。判決を精査し対応を検討する」とコメントした。

行田市の請求「違法」 銭湯の下水道料1億8000万円
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム