FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

中仙道と国道17号と高崎線

お江戸日本橋から延々と続く五街道のひとつです。
田口不動産も中仙道の吹上宿から久下宿にかけてを主な営業テリトリーにしていますが
実際問題として人の流れはあってもそこに立ち止まる人は少ないのです。
昔は中仙道の宿に人があつまり戦後高度経済成長を過ぎると高崎線の駅の周りに集まりそして今、幹線道路に面した郊外の大規模ショッピングモールに集まります。
国道17号は中仙道を基調に道路拡幅の困難な宿場を避けて造られています。
道路拡幅をすると商店が立ち退かねばならないため数百ある店舗すべてに速やかに
移動させることは困難で計画道路として拡幅予定はあっても計画が実行されることはありませんでした。
現在、この界隈で宿場町として何とか成立しているのは熊谷くらいです。
所用があって先日北本、鴻巣と中仙道を通って行きましたが昔からやっている個人商店はほとんど開店休業状態でした。
車は通っても停める場所もなく入ったら何か買わないと出られないような雰囲気です。
昭和のころの塗り絵帳が置いてありそうな文房具店には年老いた店主がぼんやりと外を見ています。
昔はこうした人たちが元気に商売をして神社の総代をやったり夏祭りを盛り上げたり年末の商店街の福引を企画したものです。
この人たちが次の代に店を継がせることもないので将来的には閉めてしまうでしょう。
それはそれで致し方ないのですがその場所に新たに商売を始める人はほとんどいません。
高崎線を利用する人たちは駅を利用することはあっても駅周辺で消費しないようになってきています。
熊谷駅の周辺で車を停めて駅周辺のお店で買い物をするひとはあまりいません。
行田駅や吹上駅はそもそもお店はコンビニ位しかありません。
しかしながら郊外のショッピングモールも寡頭競争の時代になってきており商店街から客を奪ったショッピングモールが撤退すると近隣にはコンビニしかなくなってしまうということもありえます。
昭和までの都市計画や街づくりは機能不全を起こしているのでコンパクトで維持費のかからない街づくりを考えていかないといけなくなってきたのかと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム