FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

都市計画法34条12号

たまには不動産の説明をしたいと思います。
都市計画法34条12号は安くて広い土地のためネットを閲覧してメールで良く問い合わせが
きますがほとんどの方は要件を満たさないようです。

次の要件を満たさないと家が建ちません。
まず当該市街化調整区域(鴻巣市の場合)、隣接市町村(行田市、熊谷市の場合)に20年以上居住(現在も)する6親等以内の親族ないしは3親等以内の姻族が必要です。
血族に該当する必要がありこの条件がクリアできない方がほとんどです。
お問合せいただいた方の親戚が血族かどうかは我々には判りません。
また死んだおじいちゃんはノーカウントです。
買えるかどうかはハウスメーカーないしは行政に問い合わせてください。※不動産会社は開発の専門家ではありません。
次に自己の居住用住宅を持たないこと。
賃貸借契約書や無資産証明が必要になります。
自分の住宅を持っている人は調整区域に家を建てる必要が無いからです。
34条12号は各市町村によっても変わりますし要件変更も発生しますのできちんと各市町村で確認する必要があります。
埼玉県の要件は以下の通りですが熊谷市内は五十戸練たんといって集落を形成しているとみなされること。
行田市、鴻巣市は区域分け(ゾーンニング)がされています。

開発区域の周辺における市街化を促進するおそれがないと認められ、かつ、市街化区域内において行うことが困難又は著しく不適当と認められる開発行為として、政令で定める基準に従い、都道府県の条例で区域、目的又は予定建築物の用途を限り定めたもの

最近は通帳の写しなども要件になっています。

ハウスメーカーが決まっている場合は全部ハウスメーカーの営業がやりますが県民共済の場合は一切、県民共済では動いてくれません。
また、ローンの手続きも同様ですので県民共済で建てる場合は土地は現金で買うか自分で銀行に行ってすべての手続きをする必要があります。
また、開発許可申請や農地法の許可申請などありますがそういうものがあるというだけでよいと思います。
また、すぐに売りたいといっても買う人も都市計画法34条12号の要件が必要です。
安いのには安いなりの理由があり安いということは手間がかかるということです。
不動産業者は都市計画法34条12号の要件の土地を販売しているのであって都市計画法34条12号について自分が属人要件を満たしているかは行政ないしはハウスメーカーの営業さんにお聞き下さい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム