FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

モノじゃないんだ、夢を売るんだ!宅地建物取引士

本決まりになりそうな宅地建物取引士。
中古自動車であればディーラーがあって7つ位の会社が造っていますが住宅建築会社は大小併せて一万倍はあります。
車は当然車検もあり、リコールあり保険は強制加入としっかりしています。
事故になったら被害者加害者どちらにもになりますから当然だと思います。
せいぜい光岡が外側だけ造っていますが家で言えば外壁屋さんです。
しかしながら住宅においては定期点検はないし不具合は闇の中保険は任意となっています。
アメリカで車検がないのと真逆だと思います。
建築では潰れた会社では沢山あり建築書類は遺失し何がとうしてどうなったかさっぱり判りません。
残されたのは建築確認の表題部の写しと間取と三面図と断面図だけという始末です(25年前の四千万円の商品なのに!)。
外科手術のように開けてみないと判らないという状態です。
不動産会社は後になって聞いてなかったとか言われるのが困るので出来うる限り調べますが建築のプロでないので判らないことがしばしばあります。
アメリカではエクスロー(調査)もローンコーディネートも別の専門家がいますが日本は全部不動産業者が行います。
また、我々も開けてみて何かあったらともかく何もなかったら何の為に開けるのかと言われかねません。
建築会社の尻拭いのような立場だと思うこともあります(勿論売主さんと買主さんも良く判らない状況であり我々宅地建物取引業者も判らないことがあります)。
正直古い建物については責任は取れません。雨漏りが何時からどこから来て現在も漏れているのか傾いているのか、シロアリの食害はなどなど。
調査するにも専門家でないと出来ませんし金額の安い古い中古物件においてはなおのこと。
不動産会社では10年やって一人前とか言われるように仕事の幅が広範囲であります。
全部完璧に不動産に関係する仕事をやれと言われると医者や弁護士くらい難易度があがります。
所詮、記述論文なしマークシート4択で7割とれば受かる資格なので医者と歯医者くらい差があります。
今回は名前が変わっただけなのでそんなことのためにお金を使うなんて書き換えに関係団体に
数億単位でお金が落ちるけど無駄だなと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム