FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

行田商工会議所 経営計画作成支援セミナー

我々は転がる石のように常に動いていなければならないのです。
提供する商品は時代に合わせていかねばならず難しさは痛切に感じています。
しかしながら不動産というのは法令やコンプライアンスに二重三重に縛られており
自由な発想があってもそれを実現するためには多くの問題をクリアする必要があります。
空家や空室は全国で問題となっていますがカジュアルに利用することは非常に難しいのです。
車であればレンタカーのように流動的に利用するシステムは確立していますが不動産はそうはいきません。
この研修の中で300円のショートケーキを600円で売るにはどうしたらいいかという頓智問題が出ました。
どんな付加価値をつけるかという問題ですが問題の意図が判らないと素材と工程に付加価値を加えて300円のケーキの
原価が300円を超える回答をする可能性があります。
設問が100円のケーキを600円で売るにはどうしたらいいかというほうが判りやすかったと思います。
販路の問題なのですが簡単なのはケーキにAKB握手券などの特典をつけて売れば売れます。
もっとも、ケーキでなく握手券にお金を払っているので最悪の場合にお店の周辺のゴミ箱に大量のケーキが捨てられることになります。
いわゆる仮面ライダースナック事件とおなじ構造です。
そんなのでケーキ売れてもうれしくありませんよね。
ケーキを食べた人に生活に潤いを得て欲しい、笑顔でおいしかったと言われたいという思いでケーキを作っているので事業が継続できる適正な利益があればいいのです。
クッキーだったら腐らないので買った人が贈答してくれるかもしれません。
品物名は恋するフォーチュンクッキーでどうでしょうか?
もっともフォーチュンクッキーだと中に握手券が入ることになるので店の周りで握手券を取り出したクッキーの残骸が散乱することになります。
握手券はCDにつけて売るのが一番よさそうですね。
もうひとつの答えとしてはディズニーランドのように高くても売れる場所で売ればいいのですが結局のところミッキーにかなり中抜きされますので600円で合法的に売るには何らかのコストがかかるということです。
10606491_856532794399581_4958112104511392286_n.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム