FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

価格変更 新築戸建  行田市持田  1380万円>1280万円

30年前はオレンジジュースが1Lで300円くらいしていましたしコーラだって1Lで200円でした。
現在、近隣のスーパーではオレンジジュースが1Lで100円くらいしコーラは2Lで158円でした。
当時は本当にコーラやジュースは年に何回かしか飲めませんでした。
コストダウンは住宅業界にも現れております。
バブルの頃は30坪の土地に30坪の建物が付いて4000万円位でした。
以前は大工さんが木材を刻んで建てていましたが現在は刻んだ状態で来るため建築が早くて安いのです。
昔はプラモもバリやヒケが普通で整形してパテ埋めサフ、塗装としていましたがそういう処理は現在不要なのです。
什器以外はフルスクラッチだったのが最近のガンプラのように全部揃ってパチ組みでカッコいい状態です。
300円のガンダムをかっこよくしようとすると労力もかかりますし人によってくクオリティーにバラつきがでますが
1500円のパーフェクトグレードなら誰が組んでも一定のクォリティーを短時間で出来ます。
その人件費が結果的にコストダウンにつながっています。
和室も砂壁ではなくクロス貼りですので左官屋さんのような熟練の手仕事が必要な業種がスポイルされています。
ミサワホームやセキスイハウスが先立って行っていた建物のプロダクト化が進み大量発注、大量生産が可能になりました。
大工さんの腕によってクォリティーに差が出るということもないので安心です。

1280万円というと中古の価格でも高くないほうですから新築でこの金額だと驚嘆してしまいます。
いわゆる敷地延長と言われる旗ざお敷地のためお安いのです。
外から家の中が見られないというメリットと車の出し入れがしづらいというデメリットがあります。
旦那さんが朝早く出勤して帰りも奥さんより遅い場合は車の入れ替えが発生しないのでさしたるデメリットにはなりません。
お子さんが2人以上であれば家庭はアパートに住むよりずっとお得です。
35年返済で金利0.8%ですと月々のお支払いが34,951万円です。
1Rの家賃で返済が出来るのと団体信用保険に加入すれば万一の場合でも資産として住宅が残ります。
新築 行田市持田 オープンハウス 1380万円>1280万円
新築 行田市持田 オープンハウス 1380万円
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム