FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

都市計画法34条11号、12号

店長です。ドラクエ9の発売日ですね。1~7までやりましたがもうやる気はありません。7の出来があんまりだったのと新しくルールを覚えるのが面倒くさいのと夜更かし出来ない体になりましたので。
さて、よく不動産屋さんのチラシを見ると「都市計画法34条11号」、「都市計画法34条12号」ってありますが「お分かりかな?」と思い説明します。ググれば出ますけれど一応書いときますね。
34条12号は調整区域の土地において
 ①六親等内の親族または三親等内の姻族が購入する土地の近隣市町村の市街化調整区域に20年以上住んでいる。
 ②購入する者は家を持っていないこと。
 ③分割する場合は一区画の土地が300㎡以上であること。

ただ、鴻巣市は
 ①について「近隣市町村」→「鴻巣市内」
 ③は300㎡→200㎡となります。

34条11号は調整区域の土地において
①の条件がいらないのです。誰でも建築可能なので11号の土地のほうが12号より高いんです。
しかし鴻巣市内は11号はありません。43条但し書き(建物が建っている場合だけ建替えのみ可能)
これについては良法か悪法か判断の分かれる所ですが市街化調整区域はインフラ整備が後回しになりがちだということはご理解ください。

せっかく建てたマイホームを売ることはないとお思いでしょうが万が一売るときは建物価格のみで土地はタダと考えてください。ほぼ担保価値はなしで銀行は考えています。金融の引き締めで調整区域の土地のローンが現在ほとんど降りないので土地は現金で買ったほうが良いでしょう。
他人が建てた建物への評価は低いので半年後に売却する際は土地500万円、建物2000万円だったら土地建物で2000万円以下で考えて下さい。

吹き抜けやカウンターキッチンや憧れのハウスメーカーはあなたが家を買う本当のニーズになるのでしょうか?本当の自分のニーズを理解しないまま勢いで購入して住んでみたら不便だとか言ってもなかったことには出来ないですから残債は残ります。
広くて安い土地に好きなハウスメーカーで理想の家を建てたのですから住み始めたら結婚と一緒で多少の事は我慢してください。
お客様のニーズについてライフプランも含めて一緒に考えさせて頂きますので是非、田口不動産にご相談下さい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム