FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

中古マンション

形あるものは何時かは滅びます。
一般にマンションなどは30年規模の長期修繕積み立て計画がありますがマンションのいわゆる鉄筋コンクリートは47年間の耐応年数が算定されています。
しかしながら誰も50年そこそこで終わりになるなんて考えていません。
軽く70年から100年くらい、半永久的に長持ちするという幻想すらあります。
実際問題のマンションの終わりということを論じるのはタブーのような雰囲気です。
四半世紀前のマンションデベロッパーのほとんどは潰れています。
ガイド役の管理会社と管理組合員(所有者)で考えていくほかないのです。
基本的には建替えは日本国憲法改正並みの難易度なのでほぼ不可能だと思います。
今回たまたま杭の偽装問題が露見しましたが他にも支持層まで杭が入っていない「たまたま傾いていない」マンションは沢山あるはずです。
私見ですが杭の施工業者は意図的に手抜きをしてごまかす筈はないので元のサンプルデータからの見積が甘くて
データ通りに施工したものの杭の長さが足りずにそれを報告せずにつじつま合わせをしたのではないかと思います。
足りない場合の追加工事は施主負担であれば当然にきっちり仕事をしますが自己負担であればやっていられません。
土木というのは多くの工程が複雑に入り込んでアクシデントも多く現場の判断で当初の予定が変わることもあります。
また、工事費にそれをみこんだマージンがあれば工事業者が飲むこともあるでしょうが下請けを叩いて安くやらせていたら杭が短くてもそのままでしょう。
先だっての地震で浦安の三井団地は傾きましたがディズニーランドは何もなかったのは最終的なクライアントが施主でないためにリスクを見込んだ対処がされていないためです。
砂地ですから液状化するのは当たり前ですがコストの面で省かれたのですがもし自分が最終的なクライアントだったら対処したかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム