FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

マイナーコード

この世界の片隅にについてどうも腑に落ちないのですが自分の中では今の知識と理解では語りつくしているのでその原因を他の作品で考えてみます。
私が大好きで400回は見たブレードランナーは当初の公開版では主人公は人間であったのですが92年にディレクターズカット版公開した際に、ほぼ内容に手を加えませんでしたがレプリカントであるという解釈がされるようになります。
超人的なレプリカントを処分するのにレプリカントを使うというのは理にかなっていますし任務を遂行した後に解任(抹殺)されるであろう逃避行という真逆のエンドシーンになります。
82年当時そうした解釈を監督がしていたかどうかはメイキングオブブレードランナーなど読んでいただくとしてもおそらく難解な解釈で観客は「なんのこっちゃ?」になっていたと思います。当時の映画のアオリ帯が
2020年=レプリカント軍団が人類に宣戦布告! 迎え撃つのは特殊警察≪ブレードランナー≫!!
というスタローンのジャッジドレッドのようなテレビ東京の番宣のノリでしたから92年に時代がやっと追いついてきたという感じでしょう。
続編のブレードランナー2049はクライシス2050とかデスレース2000的なすごく嫌な雰囲気しかしませんがディレクターズカット版を浪人生だった四半世紀前にディレクターズカット版を池袋で初日初回を並んで観た私にとって観に行くのは義務だと思っています。
一見、ご都合主義的なハッピーエンドな、となりのトトロがさつきとメイの二人とも死んでいたというマイナーコード的なというか裏解釈も可能なのです。
リュックベッソンにレオンでリメイクされたジョンカサベテスのグロリアも子供とヒロインが逃げ切るハッピーエンドも二人とも死んでいたという解釈ができます。創りがら映画の展開を決めていく宮崎駿と違ってジョンカサベテスの場合は取って付けたような展開はしないタイプだと記憶しているので二人とも死んでいたという解釈だと思います。
宮崎駿が大学でグロリアを例に映画講義をした際にグロリアは死んでいると学生に指摘されそんなことはないと言ってみたものの見直したらその通りだったという逸話からそう考えます。
グロリアのエレベーターを降りていきながら上から撃たれて画面がぐるぐると回転するシーンは比喩として「死」を意味していますし墓場で逢うというのも同じです。
この世界の片隅にもなんとなく意図的にマイナーコードが仕込まれているような気がします。見たときにすっきりするというより二日酔いのような胃がもたれる釈然としない感覚がありますがその感覚に対して明確にしている評論は今のところ見られていません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム