FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。ほぼ、毎日更新です。

ふるさと納税と不動産の税金と

官製通販の呼び声の高いふるさと納税ですが私も最近やっています。
ノートパソコンとか楽器をもらいましたが使っていません。
普段使える食べるもの(プロテイン)とか洋服(スポーツウェア)とかにしています。
ふるさと納税の仕組みとしては所得税と住民税から一定の割合で寄付金控除されたうえで返礼品がもらえます。
ちなみに不動産の税金関係で言いますと住宅ローン減税を使うとふるさと納税は減額されますが使えないことはありません。
住宅ローン減税のある方では、あまりふるさと納税を活用できないと思います。
一方で不動産を売った場合に売却益が出るとふるさと納税の対象になります。
ここ30年に不動産を買った人はほぼ(売却損があり)売却益はありませんが先祖代々の土地を売った場合には利用できます。
購入金額が判らない場合には売却価格の5%が取得費となりますので1000万円で売った場合には経費とあわせて控除すると
利益は900万円ほどになります。そこから所得税15%と住民税5%が控除されます。
180万円の所得税と住民税が対象です。
なお、税金は他の所得と連動しているので税務署に確認してからふるさと納税を行いましょう。
限度額を超えると純粋な寄付になります。
故郷の行田を離れて相続などで行田市の不動産を売却した場合に行田市にふるさと納税するのも良いと思います。
土偶や埴輪(人間サイズ)もありますが大きいいやつは置き場所に困りますから陸王のモデルになった足袋シューズなど試してみるのもいいと思います。
行田市ふるさと納税のご案内
ちなみに鴻巣市では7段飾りのデラックススペシャルひな人形(300万円)とかありますが私の姪っ子1歳はお内裏様とお雛様がペアのつつましいやつを飾っています。
今の日本の住宅には床の間や仏壇を設置する場所がなくなっていますので大きなひな人形はひたすら邪魔なのです。
今の家族像は核家族ではありますが団塊世代の後は仏壇や位牌はどこにいくのでしょうか?
実家を解体する場合でも位牌と神棚はお持ち帰りいただくようにしております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム