FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。ほぼ、毎日更新です。

レオパレス その4

不具合が発見されると車などリコール修理がなされますし電化製品など火災の原因になる場合には回収されます。
しかしながらアパ-トの場合にはすでに住んでいる人がいて修理する場合でも居住しながらとなるため難しくなります。
吹上にある古いレオパレスが老朽化のために解体立退きになりますがまだ建てて30年経っていないのです。
普通は新築して30年ですぐアパートを壊すことなどありえません。違法建築で解体されるわけですが30年経っていないとするとローンが残っているはずです。
こうしたことがあった後ですからオーナーも再度レオパレスで建てないと思いますが
もしレオパレスで再建築するとしたら今度違法建築が発覚した場合には残念ではなく当然のこととして同情できません。
学習していないわけですから。
レオパレスもこうした不誠実なことをすると永続的に事業を続けることが困難になります。
創業者は上場してしまえば株主としての範囲内での責任となるでしょう。
中小企業のように会社の連帯債務者になっているわけではありません。
容赦ない賃料の値下げなどの過去の行いを鑑みるに私財を投げうってオーナーの損害を補填するとはとうてい思えません。
大東建託も創業者は全て株を処分していますから企業としての健全性を四季報や帝国データバンクなどでも確認してからアパート建築はするべきだと思います。
何千万円の投資をして経営をするわけですから騙されても誰かが救済をするわけではありませんし子々孫々を苦しめることにもなりかねません。
「大東建託は倒産することはないし倒産した場合には国が救済する」とおっしゃっていた大東建託のオーナーさんがいらっしゃいましたが少し前にお亡くなりになりました。
本人は大東建託の行く末を見ることなくですが相続人は建ててから30年後の行く末をローンの承継人として直視することになります。
本来相続税を払う際に売却するための土地を全部大東建託で建ててしまって残しておかなかったので相続人は相続税の延納をしてますしそもそも家賃の値下げにより銀行への返済が厳しくなっています。
それでは何のためにアパートの建築をしたのか判りません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム