FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

いつでも何度でも

「007は二度死ぬ」という映画がありましたが不動産においては一度騙された人は何度も騙される傾向にあります。
向こうからやってくる儲け話は基本的に危険性(リスク)が高いのです。
私は必ず「出口はどうなるのか?」を確認するようにしています。
北埼玉のあたりで30年ほど前に那須の山林を購入した方々が結構たくさんいらっしゃいまして
「御用邸もあるし軽井沢みたいになるよ、今買わないと高くて買えなくなるよ、宅地化されたら(されるとは言っていない)売却益がすごいことになるよ」と言われて山林をお買いになられたのです。
当時の不動産バブルから考えると多少致し方ないとは思いますがそれは投機(射幸心)からくる失敗なので住宅購入の際の不動産業者の不実告知とは違います。
情報弱者である消費者の被害ではなくお金儲けの失敗です。
ちなみにその話を持ち掛けたのはマンション分譲で有名な誰もが知っている会社です。
普通はそんな素晴らしい儲け話を大して付き合いのない人に教えませんし自分で銀行からお金を借りて儲けます。
時は流れて30年後くらいに「その土地を買いたい」という話が舞い込みます。
そのためには境界杭がはっきりしないので境界の確認費用がかかるとか樹木の伐採費用がかかるので先にやってほしいと言われます。
その費用を振り込んだら連絡がなくなったとかはまだいいほうで原野の買主は買い替えがあるのでと言いくるめられて他の山林原野の買取もさせられることがあります。
もちろん所有している原野は売れません。
マイナスポジションの人は損を取り返したい願望があるので何もない人より騙されやすいのです。
アパート投資でだまされる人も同様でかぼちゃの馬車の投資話も同様です。
現地を見る、現物を見るということを怠り架空の数字だけ見ているからそうなるのです。
民間企業が定期金利より高い利回りで元本保証を言い出したら詐欺だと考えるべきなのですがだまされる人は都合よく解釈します。
一歩間違えば一生モノの負債になる投資を安易に決めるわけですから自分から騙されにいっていると言えましょう。
数千万円から数億円のマイナスポジションに陥っているわけですからそこを救済するような話があればそこに飛びつきます。
しかしながら救済すると見せかけてさらにお金を毟られるというウシジマくんみたいな展開が待っていたりします。
中学高校で大して仲が良くなかった人が連絡がきて会いたいというと大体新興宗教の勧誘かマルチ商法の勧誘だったりしますので丁重にお断りしています。
逆に言えば本当に仲がいい人や自分の身内にはそうした怪しい儲け話はしないものです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム