FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

NHK 過熱する不動産投資に異変!賃貸住宅ビジネスの深層

儲かるからと言われて心が動いた時点で自己責任です。
申し訳ないのですがそんなにうまみがあるなら赤の他人に教えないで自分でやりますよね。
銀行も本人の与信力(財産及び支払い能力)でお金を貸しているので物件や賃貸経営計画で貸しているのではないことを理解しないといけません。
貸した銀行が悪いというのも話が違います。
本来は自己資金でやるべきで繁華街やリゾート地でなければ最低でも抵当権のついていない土地は自分で用意するべきなのです。
立地、土地の価格、土地の形状、建物価格、建物の間取り、賃貸市場、空室率、契約条件、法律などのいくつかの気を付ければ判る落とし穴に全部落ちてハンコを押しているわけですから一人で住んでいるお年寄りが騙されて先物取引や株取引をやらされたのとは違います。
賃貸経営で一番大事なロケーションをおすすめセットで買うなんてどうかしています。
現地に行きましたか?
周辺の賃貸物件を見て回りましたか?
地元の不動産屋に簡単な菓子でももって話を聞きに行きましたか?
そんなこともしないで騙されたと言っても同情できません。
そういえばレオパレスの創業者が現在やっている会社のMDIもランドセット方式ですが詳細は判りません。
三菱地所の丸の内のビルは自己所有です。

人口減少社会に突入した日本、しかしその一方で、全国で賃貸マンションやアパートの建設が相次いでいる。急増の大きな理由が「ランドセット」と呼ばれる投資手法の広がりだ。これまで賃貸アパートのオーナーの多くは、元々所有している土地にアパートを建て、管理していたが、この「ランドセット」ではランド=土地と建物をゼロから購入し、賃貸経営をするというもの。土地を持たない人にもチャンスが広がる一方、オーナーの多くが多額の借金をして経営に乗り出すため、リスクも大きくなり、赤字に苦しむオーナーも増えている。そして取材を進めると、ランドセットが増える背景には、低金利時代に融資先を求める金融機関の存在があった。資産を増やしたいオーナー、貸出先を求める金融機関、そして賃貸住宅メーカー、3者の思惑により広がる「賃貸住宅ビジネス」の活況。その現状とリスクについて、考える。 10月9日放送
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム