FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

地面の高さ

家を建てるときには盛土をしたほうがいいですよとお話ししますが切土するケースのほうが多いです。
昔の家を解体して土地を売買した後は建築時に土を削ります。
昨今の流行でしょうか高低差のないバリアフリーの家を建てる人が多いのです。
盛土を50cm余計にしたとしても大して工事費はかかりません。
むしろ切土して処分するほうが費用が掛かります。
50cm盛土していれば床下浸水を防げたかもしれません。
切土をして床下が浸水したために床を剥がして洗浄して床の張り直しが必要になってしまうしれません。
その工事費が保険で出るかどうかも判りません。
玄関と道路の高低差があればスロープを造るなりすればいいのです。
せいぜい20~30万円でできます。
しかしながら利便性と防災は相反しています。
どちらを取るかはその人の考えですが賃貸であれば利便性を優先してもいいかもしれません。
海や川のそばはアクセスが良いので交易に向いていますが災害には弱いのです。
安全は無料サービスではないですしリスクは自力救済しなくてはなりません。
下記のハザードマップを見ると荒川利根川が決壊したら2階建ての居宅は無事ではありません。
我々は大丈夫ですよと言いませんし、言ったところで責任は持てません。
昔の人は不便でも高台に城を造ったのはそういうことなのです。
また、神社が高台にあるのも洪水の際の避難場所にもなるからです。
とはいうものの盛土に関しては規制があり隣との高低差を3mもとることはできません。
利便性を取るか安全性を取るかですが大金持ちなら芦屋のような安全なところに行くのでしょうね。
行田市 防災に関するハザードマップ
鴻巣市浸水実績図(内水ハザードマップ)について
熊谷市防災(洪水・地震)ハザードマップ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム