FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

床上浸水の後に起きること

先だって書いた半地下のマンションではゲリラ豪雨により近くの水路が冠水して床上浸水となりました。
台風の前などふだんは土嚢を積むことにしていましたが突然のゲリラ豪雨がありました。
半地下駐車場の車も冠水で全損です。
津波にさらわれたり地震で建物が倒壊した場合にはもっと大変ですが対応はハードだったので社員ではなく私が行うことになったのですが数週間で白髪が分かるくらい増えました。
さて、床上浸水になると入居者は全員退去となります。
退去と言っても「契約が終わりで敷金精算しますよ。」ということにはなりません。
災害対策マニュアルがないですし行動指針もありません。
弁護士に相談したくても不在ですし保険会社もすぐの対応はしません。
まず、避難してもらって保険会社に連絡、現地の写真を沢山撮っておきます。
床上浸水すると冷蔵庫がひっくり返ります。
服も家財も家電も全損になります。
家主側の保険会社と借主側の保険会社それぞれに連絡して保険調査員が来て被害総額を出します。
さて、1週間後に家財を処分して空室になります。
水路の水ですから汚水雑排水ではありませんがどぶ臭いにおいが付いていますし建具にカビが生えています。
このままではカビが広がり貸しに出したら健康被害が発生する可能性があります。
全ての床を剥がして乾燥させて、壁や床を張替えて設備はすべて新装します。
フルリノベーションをかけることになりました。
その後、同じようなゲリラ豪雨や台風による床上浸水は度々発生するので所有者側で対策を取るか半地下部分は賃貸に出さないように依頼しました。
しかしながら家主とその代理人も収益のためにやっており対応はされませんでした。
管理しきれないのでこちらから管理契約を解除しましたが構造的に水害に弱い設計をしていると後付けで対策することは困難です。
なぜ、半地下にしたのかは建物の高さ制限をクリアして部屋数を増やすというお金儲けのためですから全うでないのです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム