FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

防災と不動産

人の記憶は薄まっていきます。
胸が張り裂ける悲しい出来事も忘却していくことで痛みが徐々に和らいで生きていけます。
8年半前の震災の凄惨な出来事も時間が少しずつ記憶から薄まっていきました。
震災当時は湾岸エリアのタワーマンションなど敬遠されていましたが高層ビルやタワーマンションが建ち続けています。
利便性優先でスピード重視で長期的な展望のないの時代のため国家100年の計などと本当に考える為政者はいなくなりました。
基本的に災害にまきこまれないから便利なほうが良いということなのでしょうが昔から為政者は高台に住んでいたのは考え方が根本的に違うのです。
昔の戦国武将は妥協や調整はあったにしろ民草も一族郎党の運命もかかっているので命がけでやっていました。
また、建築も利便性やデザインを優先するのではなく災害に対する強靭さや攻め込まれたときの守りやすさも含めて数百年先でも利用できるような耐久性を持たせています。
400年経っても信玄堤は防災に役立っています。
日本の神社仏閣や海外の教会も何百年もながくレガシーとして残っていますが今回の新国立競技場も含め最近のデザインの奇抜さを優先した建物や工作物は50年後にはメンテナンスとかろくに考えられていませんのでほとんどが無くなっているでしょう。
昔は何か不手際や不手際がなくても立場によっては処分されましたのでいい加減な適当な対応はできません。
責任は給与の10%減額を10カ月とかではなく切腹や打首で取らされることもありますので20歳前後の昔の志士が素晴らしい功績を残しているのは覚悟や真剣さの違いではないかと思います。
我々は明日死ぬとは夢にも思っていませんし80歳くらいまで生きるつもりですから覚悟や真剣さに関しては人類の歴史上もっとも浅いのです。
福島第一の件もだれも責任を取りませんでしたしどのような責任の取り方が妥当というものもありません。
災害に強い土地というのは昔から人が住んでいる土地なのです。
新しく開発された場所というのはなんらかの理由があって人が住んでいなかった土地なのです。
民主主義で物事を決めるというのはフェア(公平)なやりかただと思います。
国会議員も選挙で選ばれていますから妥協に妥協を重ねています。
重要な決断というのは誰かが損をすることがありますが全ての人が不利益を被らない世界というのはありえないのです。
景観が悪くなるから堤防のかさ上げを反対する気持ちは判りますがたとえ住民のほとんどが反対したとしても予想される災害によっては強制的に進められるべきなのです。
ケネディ暗殺事件の情報公開は2039年となっていますが1963年から76年後には当時の関係者はこの世にはいないからだそうです。
原発建設は建設から40年後の子孫が何とかするでしょうという楽観的な無責任さですが水害と違って最悪の場合には10万年後まで広範囲(北半球)に人が住めなくなりますので隕石が直撃した場合を除き不動産と災害という点では一切の妥協をするべきではないのです。
海に近いとか土地が確保しやすいとか住人の反対が少ないといった理由ではなく原発はすべての災害に最も強い10万年に一度の災害もないような場所に建てるべきなのです。
そうした場所がないなら建てるべきではないのです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム