FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

違法建築修繕進まず レオパレス21 所有者ら査察求める

創業者は自ら特級建築士と言い、界壁を設けない、断熱材にウレタンを使うなど斬新な工法で建築基準法や消防法を超越し会社の共済金に手を付けて辞めた方なのですがご自宅はそういう工法ではないでしょう。
所詮、他人の物件(モノ)だから将来の問題も他人事で自分が良ければ良いのでしょう。
しかしながら残された社員と家主と入居者は置き去りにされたまま。
家主の銀行の借り入れもそのままです。
私の知っているオーナーも銀行に土地活用の相談をしたら翌日レオパレスの営業がやってきたそうですから裏でつながっているのですよね。
しかしながらあくまで投資ですし不動産経営ですから騙したほうが悪いというもののオーナーも無過失ではないのです。
違法建築修繕進まず
レオパレス21 所有者ら査察求める
 賃貸アパート業界大手のレオパレス21(東京都中野区)が開発・販売したアパートの違法建築の問題で、アパート所有者らでつくる「LPオーナー会」は2日、国会内で国土交通省に対し、違法建築の修繕工事が進まない実態を示し、建築基準法違反への査察や刑事告発の実施を求めました。日本共産党の高橋千鶴子衆院議員が同席しました。

 同社の施工不良物件は、全物件約3万9千件のうち2万9604件に達し、屋根裏などに設置し延焼を防ぐ壁(界壁)がないなどの明らかな不備のある1万3385件(10月31日現在)について「ネイル・6シリーズ」は来年6月、「その他シリーズ」は来年12月末までに改修工事の完了を目指すとしています。

 「LPオーナー会」代表の前田和彦氏は、約250人の「被害者の会」会員のうち、改修工事が着工したのは43%にすぎず、「現時点で着工していないと間に合わない。速やかな改修を要望している」と訴えました。

 「早く修繕するよう求めている」「基本は特定行政庁が監督責任を負う」と述べるにとどまる国交省に対し、同社に違法建築に対する反省の姿勢がないと指摘し、「会社や経営陣の責任を問わない姿勢は社会的に許されない」と建築基準法違反の査察、刑事告発を重ねて求めました。

 5月に公表された第三者委員会の最終報告書では、界壁の未施工などが建築基準法違反にあたると認定。背景に利益優先の経営があると指摘しています。

違法建築修繕進まず レオパレス21 所有者ら査察求める
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム