FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

レオパレス入居率、3カ月連続で「逆ざや」水準

単身者向けワンルームは2月3月に決まらないとワンシーズン空いてしまう事がザラにあります。
レオパレスは単身者向けですからこの春も退去がそれなりにあるでしょうから入居が促進されなければ入居率が70%を切るようなこともあり得るでしょう。
音抜けは昔から言われていますが隣の音がうるさくて生命の危機に直面することはありませんが界壁がなかったり界壁に可燃物をつかっていると普通のアパートなら火災にまきこまれなかったがレオパレスに住んでいたためにまきこまれるということになりえます。
車でいえばブレーキが壊れているとか衝突安全性を満たしていないのに公道を走っているようなものです。
改修したといっても耐火検査したわけでもないので性能を発揮するか判りません。
空室が増えるとレオパレスから更なる家賃減額交渉が家主に要求されるでしょう。
住宅としての要件を満たしていませんので家賃を下げたからと言って住むのははばかられます。
賃料は1/3くらいになりますがトランクルームとして荷物置場とかコンテナとして利用が望ましいと思います。
レオパレスで建てた家主は一蓮托生ですので今のうちに資産整理をしたほうが良いと思います。
レオパレス21は10日、主力のアパート賃貸事業で、2019年12月の入居率が78.91%だったと発表した。前月から0.30ポイント下落しており、3カ月連続で損益分岐点である80%を下回った。80%の入居率は入居者からの家賃収入とオーナーに対する支払いで「逆ざや」が発生する水準だ。レオパレスは繁忙期である1~3月に入居率が回復すると見込むが、入居率の下落に歯止めをかけられるかは不透明だ。
問題が表面化した2018年春以降、入居率が前年実績を下回るのは17カ月連続となる。レオパレスは3万9085棟のすべての物件で不備の有無を調査。施工不良が見つかった物件は改修工事を進め、入居者の募集を順次再開している。レオパレスは今年3月時点の入居率を約85%に回復させるとしている。

レオパレス入居率、3カ月連続で「逆ざや」水準
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム