FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

ネット情報

私も最近は調べ物をするときはネットを特にWikipediaあたりを基本に幾つかのサイトを見ます。
最近20年以上辞書は引いていません。
MSNやヤフーなどポータルのネットニュースの解説などはどんな人物か責任編集ではないため「なるほど」と思っても「本当に?」という考えも付きまといます。
勿論、マスコミの情報もある視点からトリミングしてあるので正しいかどうかは定かではないのですが版元と誰が書いたのかは判ります。
健康、不動産、金融などの知識がわかりやすくまとめてある情報説明型のブログが多くあります。
それはそれでよいのですがネットに書いてある情報がネットに載っているから正しいというのは早計です。
こうしたものは読者を増やしたり広告収入を増やすなど何らかしら目的があります。
「借金 返済」で検索すると検索上位陣は弁護士や司法書士の過払い金請求の広告サイトであり情報説明型ブログもそうしたところが運営しています。
記名がないと信用できないというわけでもありませんが匿名サイトなどでは記名がないがためにタブー視されるような意見が書かれています。本音なので侃々諤々(かんかんがくがく)闘わされているので「なるほど」という意見もあります。
勿論「本当に?」という感覚は常に持っていないといけませんが。
ネットの情報を信用したからと言ってその情報提供者が責任を持つということはありません。
信じるか信じないかはその人次第です。

ちなみに、不動産の税金についてお客さんから聞かれることがありますが「幾ら幾らです。」「この税法を使うと幾ら安くなります。」と言ってしまうと間違っていた場合に無料相談とはいえ損害賠償請求をされることがありますので「一般的にこうですがその人の収入や家族構成など諸条件により変わる場合がありますので必ず顧問税理士か税務署に確認してください。」とお話ししています。
我々は宅地建物取引業ですから税金のことは税金の専門家に聞くべきだと思いますが「失敗しない相続」の本を書いている税理士が相続の際の広大地の売却で「租税特別措置法に基づく優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例」を知らなくて私に聞いてくることもあります。
その人には「あなたプロなんだから人に聞く前にネットで検索(調べ)して、国交省のHPに載っているから」と言っておきました。
それから電話がかかってくることはなくなりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム