FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

コロナ第二波対策 熊谷 行田 鴻巣市

再度感染が拡大したらどう対応するのでしょうか?政府は?自治体は?我々は?
緊急時大宣言が終わってめでたしめでたしではないのです。
第二波は来ないかもしれませんが、今までの不要不急が発生しない永久平和な日本社会というやりかたを続けた場合には社会システムの敗北です。
疫病も災害も待ってくれません。
第二波は来る前提で準備しないといけません。
ひょっとしたら今からの準備でも間に合わないかもしれません。
人間、不意打ちを食らうと大きなダメージを受けますがやられるのが前もって判っていれば耐えられるものです。
第一次世界大戦の死者数よりもほぼ同時に発生したスペイン風邪の死者数のほうが多かったそうでスペイン風邪の第二波は強毒化して兵士になるような壮健な若者も亡くなりました。
最悪の可能性も視野に入れておくべきです。
東京も第一波で9500億円のうち9000億円を使ってしまったのでもう対策できません。
前回ばら撒いたので、もう、お金がないから補助金も出せませんので緊急事態宣言はないでしょう。
昔から日本は兵站に関する意識が低いのですが普通、半分くらいは残すものですが幼稚園児並みの計画性です。
戦争でいえば開戦で全弾ばら撒いてしまったようなもので残りは弾倉の1発だけで敵襲を待つ状態です。
登山で吹雪が発生したら初日の夜に食料を全部食べてしまうようなものです。
戦時の対応ができない国は侵略されてから対策を練る泥縄なのです。
保証もできないから休業要請もできませんし強制もできません。
第二波では適材適所、重点集中でリソースを費やさないといけません。
戦争と同じで戦線は拡大していますからどこを切り捨てどこを残すかのトリアージが必要です。
戦線を維持するには兵站が必要なのです。
医療や生活必需業などエッセンシャルワーカー優先です。
キャバクラなどは水商売ですから教練してエッセンシャルワーカーに動員されるべきだと思います。
社会の維持継続が国民の義務ですから給料が安くてやっていられないとか無しです。
コロナが収束してから元の職場に戻ればいいのです。
徹底したコロナ対策をしないと営業できないようにするほうがコストが低く済みますがそれも法整備が必要です。
パンデミックが起こっている国と同じ状態になった時により深刻なパニックになるでしょう。

北埼玉では今までほとんどいなかったのが六月末に増えています。
7月3日で26人で先月末の10倍です。緊急事態宣言前よりも多いのです。
熊谷の男性20代と女性30代はおそらくあちら系の仕事ですね。
大宮のキャバクラでも感染していますからかなり入ってきています。
ちなみに2月3月頃に行田や鴻巣で感染した人は引っ越しをしたそうです。
コロナにかかると村八分どころか葬式もいきませんから村九分くらいの状況です。
感染症よりコロナに対する人権侵害のほうが怖いものです。
熊谷市 新型コロナウイルス感染症の市内発生状況
行田市 新型コロナウイルス関連情報(7月3日現在)
鴻巣市 新型コロナウイルスの市内での感染事例の発生について

田口不動産  コロナ 第二波 行田市
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム