FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

金の価格高騰と不動産

純金というのは地球上に存在する量というのは決まっています。
不動産も大体決まっています。埋め立てたりすると増えますし地殻変動で減ったりもします。
純金の価値というのは普遍で確か25mプール一杯位しかないそうです。
デフレの時代なのに昨今何故価格が高騰しているかというと金融不安だからだというのは新聞を読んでいる人は知っていると思います。
つまり、相対的に貨幣の価値が下がっているのですね。
でも、不動産に関しては昔は物価に連動して価格がある程度安定していました。
純金はどこにでも持ち運びができるけれど不動産はどこにも持って行けない。
換金性の悪い資産なのです。直ぐ右から左に売れるというものではない。
純金は世界中で1kgのインゴットが日々の相場で売却できるのですから全然違います。
不動産は法令による利用の制限が多くあり公共のインフラや周辺環境などの要素もあります。
電気も水道も排水も無く道路も無ければ使い道がありません。
バブルの頃は不動産は右から左に売れたようですが我々不動産業界にとって無かったほうが良かった現象だったと思います。
それによって正常な不動産の取引が失われ様々な問題が発生しました。
バブルの頃に多くの不動産業者が倒産し当社も土地の価格下落で影響はあったようです。
もっとも不動産の価格下落の要因は日本の未婚化晩婚化による人口サイクルの回転スピードの鈍化によるもので
需要ギャップによるものだと認識しています。
また、右肩下がりの年収の低下など日本の社会の先行きの明暗が大きいようです。
我々もがんばることが大事ですが日本の社会の構造的な問題なので社会が前進することを阻害する既得権を破壊するような改革が必要かと思われます。
この不動産を持っていて税金を払って管理しても資産としての未来があるかないかで価格が決まります。
おそらく銀座の一等地の価格と限界集落の土地の価格の差は天地ほどの開きがあるのは期待できる利益によるものだと思います。
純金の唯一の欠点は持っていてもそれ自体が収益を生むということがないということです。
【吹上店】
鴻巣市吹上本町1-1-1
 (TEL)048-549-1112
 
営業時間 9:00~17:30
定休日 毎週水曜、第1第3火曜
 吹上・行田市 田口不動産の売買ホームページ! 
 吹上・行田市 田口不動産の賃貸ホームページ!         
youtube 田口不動産TV

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム