FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。週2回くらいの更新をします。

還元・イオン・水

水素と酸素と結合して水になるから電気分解した還元水素水が活性酸素を体から吸着するというオカルト科学が数年前に流行りましたが一昨年あたりに廃れました。
さて、給水管や排水管の劣化を改善するというドールマンショックを全菅協経由で紹介されました。
電気を通して汚れや固着物をマイナスに帯電させて管内に汚れや固着物が付かないようになるとのことです。
検索しても悪い評判は出てこないのですが良い評判は業者の物ばかりです。
本当に実効性があるのであれば夢のような設備だと思います。
どうなのでしょうか?
それより前に水道管を永久磁石で挟む装置がありました。
電位によってスケールの固着を防ぐということで効能は同じです。
実用的であれば水道局などで積極的に使っている気がします。
永久磁石であれば電力もいらないしメンテナンスも要りません。
・『磁気活水器』の中には、水道管や給水栓の外側に磁石を取り付けることで、「水のクラスターが小さくなる。」「水がまろやかになる。」「水道水に含まれる有害物質を除去する。」などの効果をうたっているものもありますが、浄水器とは異なり、現在のところ統一された試験法や規格は無く、平成17年2月に東京都生活文化局が『磁気活水器』について調査・検証を行ったところ、残留塩素やトリハロメタンの除去効果は見られないとしています。
また、日本水道協会の認証品であっても、給水器具として安全な構造及び材質であるかの認証であり、その性能や効果までを認証したものではありません。

米子市「磁気活水器」(配管の外側に取付けるタイプ)の設置について
を参照しますと
①メーターに不具合を加える可能性が否定できないからメーターから離すように
②不具合を加える可能性が否定できないから本管側には設置しないように 
と書かれています。
効果は関知しないので宅内で自己責任でやってください。こちら(行政)には迷惑をかけないようにということです。

使ってみないと本当の事は判りません。
効能は自分で試してみるのが手っ取り早いので機会があれば使ってみたいと思います。

オカルトと不動産

不動産とオカルトは結構切っても切れない間柄です。
どこの街にも何をやってもすぐつぶれてしまう場所があり大昔に「旅の僧侶を殺して井戸に投げ入れたから」という理由だったりします。
それってお客さんに説明することなのでしょうか?
そうでなくても数十年前に自殺があった場合にでも心理的瑕疵として説明します。
幽霊は科学的に存在を認められていませんし大昔の人が化けて出るというのはホラー映画の見過ぎです。
怪談でも幽霊は直接うらみがある人にしか祟りませんしその場所にいると呪われるのであれば新宿駅の中央改札の前で事件事故があったらそこを通過する人を祟るということになります。
ちなみにイギリスなどでは幽霊が出る噂がある物件は古くから住まわれているということでプラス査定になります。
差別されている(いた)人の住んでいる地域について告知してはならないのは住んでいる人たちに不利益が生じるからです。
しかしながら事件事故に関しては不利益が生じている人は土地の所有者でありそこで事件事故を起こされた被害者でもあります。
また、自分の家族がその原因の場合には致し方ない部分もありますが他人が事件や事故を引き起こして自らの不動産の価値が毀損することもあります。
2011年ごろはセシウムなどの土壌汚染についての特約がありましたが今は入れていません。
汚染物質は半減期が長いものもあり健康被害がありますので告知は必要でしょう。
ゴルゴ13の穀物戦争蟷螂の斧で金が核爆発で放射能汚染されたという話がありますがこれも科学的根拠は薄いオカルトのようです。

「この世界のさらにいくつもの片隅に」を観てきました。

熊谷のイオンで1月7日に観に行ってきました。
朝9:25スタートで12:25終わりで正味2時間48分です。
観客も12~15人くらいしかいませんでしたが3年前の作品の完全版ですのでおそらく初見の人はいなかったはず。
結論から言いますと、とても良い映画ですが観るのは一回でいいかなという感想です。
ブレードランナー2049もそうですが「映画作品(物語)としては」前作よりよくできているとしてもまた観たいかと言われるとそうでもないのです。
物語の整合性や語られるべき物語を語ることと語らないことによって作品がどのように変化するかが作品のポイントでした。
3時間近い割には長さを感じませんでしたし追加分が40分もあったかなと思いましたが物語の前後関係や深みを増したとして必要だったとしても129分版と比べるとテンポが悪くなりました。
10~20分削ったほうが良かったと思います。
物語を語る媒体としての側面がありますが映画を音楽に例えると楽曲的な心地よさや軽快さが失われた感じです。
3年の間に熟成された構想とのズレもあったのではないでしょうか。
勿論、2016年版を繰り返し観ているための違和感であるというのも原因でしょうが予備知識なく2時間48分をいきなり観ても消化できないと思います。
追補版お披露目上映という印象でした。
ちなみに原爆や空襲より枕崎台風のほうが映像として脅威を感じさせたのは一昨年と昨年の台風で感じたことが影響しているのかもしれません。
もう一度観ようにも上映館も少なく熊谷イオンシネマも13日で上映終わりです。

法律と社会的制裁

年末にカルロス・ゴーンが国外逃亡をしました。
日本人であれば日本国内に拠点があり家族や様々な人間関係もふくめて束縛されますし仮に国外に逃亡してもいずれの時には帰ってこようとします。
ところがそうした社会的制裁がない人物は日本を捨てることに何のためらいもないため法律の穴を潜り抜けます。
そもそも日本人だったら様々なしがらみでできないようなリストラをやるために呼び寄せられた「装置」のような存在ですから逃亡することは予見できたと思います。
一部では日本の司法もわざと逃がしたのではという見解をされています。
不動産においても帰国した外国人の契約不履行や所有する管理されていない不動産の問題も出てくるでしょうから法の穴を埋める必要があると思われます。
南米の出身の借主が家賃滞納した後に本国に帰ったというのは良くある話ですが借地借家法を的確に運用して解決すると気の遠くなるような時間と費用が掛かります。
借地借家法というのは夫が出征中に銃後を守る家族の住まいが取り上げられられないように戦中に制定された法律がベースになっているので現代日本社会で運用をするのはナンセンスです。

※個人差があります

環境音や人の声がうるさいとか匂いがするといった苦情申し立てはどこにでもあります。
気にする人もいますし気にしない人もいます。
こうした問題に対しどのような対応をするのかは難しく本人に対応して頂かないといけない場合があります。
米軍基地のそばの住宅地で騒音訴訟がある場合では何デシベル以上の音であるとかの基準があります。
実際はそこまでの大きな音ではないので本来的には受忍限度に収まっていると思います。
なお、踏切のそばに住んでいる人はみな踏切の音や電車の振動で引っ越すことはありませんので恐縮ですが「そのうち慣れる」ものです。

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム