FC2ブログ
行田市・吹上町の田口不動産ブログ
物件情報や行田市・吹上町の地域情報をご紹介いたします。ほぼ、毎日更新です。

借金放棄、相続人有利に 本人認知から3カ月可能、最高裁

親戚の多額の借金を知らない間に相続した(ことになっていた)ことにたいする裁判の結果が出ました。
一般的には当たり前の判断ですが今までは違ったのが恐ろしいところ。
日本の法律運用は債権者の権利を守ることに偏っていましたから民法改正に準じた判例になると思います。
知らない間に借金に感染するというのはほとんど「呪いのビデオ」と同じだと思います。
ここで呪いの相続が終わったわけではなく範囲内の他の相続人に承継されます。
しかしながら今回の判例により知ってから放棄すればよいので深刻ではありません。
相続になった際に資産と負債がどれだけあるのか判らないことは普通にあります。
叔父さんの子供たちが相続放棄をした為に兄弟である父親に相続権が来たわけですが父親が理解していたかどうかもわかりません。
新聞によると債権者は相続発生から3年寝かしてから請求していますから法律をうまく駆使しています。
日本の法律は現在の社会の実情に乖離していると思います。
 伯父が残した債務を、相続放棄しないまま父親が死亡し、その債務を引き継ぐ形になった子どもはいつまでに相続放棄すれば返済を免れるのか。疎遠な親族の借金を知らないうちに背負ってトラブルになりがちな事例が争われた訴訟の上告審判決で最高裁第2小法廷は9日、「子ども自身が債務の相続人になったと知ってから3カ月の間に放棄すればよい」との初判断を示した。相続放棄は無効と主張した債権者の上告を棄却した。裁判官4人全員一致の結論。
 今回のように親が熟慮期間中に相続放棄せずに死亡、子どもが相続を引き継ぐケースは「再転相続」と呼ばれ、訴訟では熟慮期間の起算点が争点になっていた。
(共同)

新興住宅地の問題

何もない土地を造成して道を作り宅地に切り分けて分譲された地域が旧吹上町や行田市内にも多くあります。
本当に人が住んでいない何にもないところのために大事なものがないのです。
それは神社とお寺です。
神社はともかくお寺(お墓)は近隣にあると忌避されますし分譲戸数が少なくなるため分譲業者もそうした施設を誘致しません。
一定規模以上の開発分譲をすると公園を造らなければなりませんのでそこで子供祭りのようなものが行われたりしますが新興住宅地に入植する人は地域という舞台の演者であるというより観客のスタンスの人が多いような気がします。
また、様々な日本古来からの時節に応じた生活習慣の匂いが脱臭されていて無機質な感じがします。
アパートや新築住宅の玄関先でお盆の送り火をしているところなど見たことはありません。
神社やお寺には氏子や檀家がいて持ち回りで役を行う事になっています。
新興住宅地では自治会というものが新しくなればなるほど機能しなくなっています。
古い街でも自営業者が減って平日のお祭りが土日に変更されていますが新しい街では若い人ばかりで自治会長などのなり手が見つからないことがあります。
街として機能させるためにはライフラインというハードだけでなくコミュニティーというソフトをインストールする必要があると思います。

市長の市政方針を聞きました。

商工会議所青年部の部会で先週、石井新市長の施政方針を聞きました。
私も市長には40年前にそろばんを習っていましたから縁がなかったわけではありません。
市の職員出身でない市長ということで長所と短所はあります。
まず、短所は円滑に事が進まないという点ですが長所としては桜町の件とかゴミ処理場の件のようななあなあで碌に精査もされずに杜撰な事業が右から左に流れていかなくなったことです。

本人も「男には負けると判っていても戦わなければいけない時がある」というハーロックのような熱い思いで市長選に出たわけですから行田市を変えたい良くしたいという志がひしひしと感じられました。
見た目は普通の75歳の男性ですが熱意をもって志を語る姿を見ると素直に格好良いなと思いました。
また、政治家にかぎらず上に立つと偉くなってしまう人がいますが人物も昔のままでした。
問題は本人が1期で終わりだと言っており1期ではできることも少なく次の市長が自らの路線を承継するかもわかりません。
また、市の職員出身の市長になるかもしれません。
行田市民がバラバラで関心が薄いということを嘆いていましたが古くから旧市街地に住んでいる人たちはともかく行田市民であるという誇りとか市政に関心は市外から入植してきた人が薄いのは致し方ない部分があります。
行田市が素晴らしいから街だからあこがれて入植したというよりは他の様々な事情で決めた人も多く市役所のある街の中心と人口が増えているJR行田駅周辺では環境も情報も人と人との交流も17号バイパスで分断されているのでそうなってしまっているのです。
旧市街地の人たちもJR行田駅よりJR吹上駅を使う割合のほうが多いわけでしてJR行田駅方面に関心がないのです。
なお、「負けると判っていても戦わなければいけない時がある」というのはハーロックが初出ではなく福沢諭吉も言っていますし多くの先人も同じ内容のことを言っているようです。
「人間は、負けるとわかっていても、戦わねばならない時がある。だから、たとえ負けても勝っても、男子は男子なり。勝負をもって人物を評することなかれ。」福沢諭吉
こちらのほうが良いと思います。

家賃と生活費

家賃が高いために生活が困窮するというケースはないというのが持論です。
家賃が払えないのは自分の収入の家賃に占める割合が高いという分相応でない物件を借りたからです。
住宅ローンが高いというのと一緒です。
就職して間もないのに都心の家賃12万円の新築マンションを借りたりしたらそうなります。
初任給20万円で家賃12万円の物件に住みたいから家賃を安くしろとか家賃補助をするとか言語道断です。
家賃というのは需要と供給のバランスから決まっています。
行田市で3万円くらいの物件を借りれば生活が困窮することはないのです。
勿論、通勤時間や自由時間や生活の質とのトレードオフですし高円寺でも3万円で借りられる風呂無しトイレ共同物件もあります。
問題は病気や失職離婚などで収入が極端に減ってしまったケースです。
そうならないようにセーフティーネットとして貯金や医療保険に入るべきなのですが入っていなかったから困窮することになったわけです。
より家賃の安いところに移動するにも相当のお金がかかります。
引っ越し代、初期費用、住まいが変わったことによる様々な費用(子供が学校が変わって制服や教科書なども買い直し)もかかります。
そのための救済措置としての補助は必要だと思います。
しかしながら病気や失職などはいつその境遇から脱出できるかは判りません。
シリコンバレーなど家族4人で住む普通の住宅の家賃が40万円ほどするそうです。
GAFAに努めているエンジニアなら年収1000万円は超えていますから払えるのですが失職したらすぐに家賃が払えなくなってしまいます。
昔は親族が救済した部分もありますが現在においては親族もその余裕がないため、これからは住替えが簡単にできる社会の仕組みが必要になると思います。

レオパレス、57億円の赤字

業績が悪くなるたびに界壁が薄くなるという都市伝説がありましたが10年前のリーマンショックの時に名古屋の派遣切りで空室率が80%になったことがありこのままどうにかなってしまうと思われましたがいつの間にか復活していて不思議で仕方なかったのですが今回の騒動は規模が大きくV字回復になる要因はありません。
これだけ大きい会社ですと売り上げもそれなりにありますし経営者の個人の資産が投下されていませんので破綻するまで存続はします。
しかしながら旧経営陣の指示により手抜きをしたわけですから退職しても不法行為責任は追及されるべきです。
壁が薄いのはQOL(生活の質)の問題ですが屋根裏の界壁がないのと断熱材に可燃材を使うのは螺旋階段の建物の延焼のように一気に建物全体に広がりますから建物全体の住民の命の危険にもつながります。
コンプライアンスに厳しい現在において消防法に違反しているレオパレスを社宅にすることはプラスに働くことはないのです。
危険な賃貸住宅だと判っていて住まわせて火災にまきこまれたとなると社宅にした責任も追及されかねません。
レオパレス21が9日発表した2019年4~6月期連結決算は、純損益が57億円の赤字だった。アパートの施工不良問題への対応で特別損失45億円を計上したことが響いた。前年同期は9億円の赤字。
 売上高は12・3%減の1133億円。本業のもうけを示す営業損益が42億円の赤字(前年同期は41億円の黒字)となった。
 レオパレスでは住戸を仕切る壁が天井裏に設置されていないなどの施工不良が発覚。7月末時点で2万2千棟超に不備が見つかっているが、改修済みの物件は一部にとどまっている。
レオパレス、57億円の赤字

FC2カウンター

プロフィール

行田市・吹上町の田口不動産

Author:行田市・吹上町の田口不動産
ようこそ田口不動産のブログへ
行田市・吹上町・賃貸・へようこそ!行田・吹上を中心に地域密着で賃貸アパート・マンション、土地・建物の売買なら田口不動産へ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム